@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブハーリン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブハーリン
Bukharin, Nikolai Ivanovich
[生]1888.9.27. モスクワ
[没]1938.3.15.
ソ連の政治家。教員の家庭に生れ,1906年ロシア社会民主労働党に入党。 11年流刑に処されたが流刑地からドイツに亡命,ウィーン大学に学んだのち,スイス,北欧,アメリカなどで活動,L.トロツキーとともに新聞『ノーブイ・ミール』を発行。 17年に『帝国主義と資本蓄積』 Imperializm i nakoplenie kapitalaを書き著名になった。同年ロシア革命勃発後日本を経て帰国。8月の第6回党大会で中央委員となり,機関紙『プラウダ』の編集に従事。ブレスト=リトフスク講和のときには革命戦争を主張して V.I.レーニンの講和締結論に反対した。 24年政治局員,27年コミンテルン執行委員会議長。最初 I.スターリンと組んでトロツキーを追放したが,28年スターリンと対立し失脚。その後自己批判して公職に戻り,36年憲法の起草に参画したが,粛清の嵐のなかで 37年逮捕され,38年反革命陰謀のかどで処刑された。主著『共産主義の ABC』 Azbuka Kommunizma (1921,プレオブラジェンスキーと共著) ,『資本主義的安定とプロレタリア革命』 Kapitalisticheskaya stabilizatsiya i proletarskaya revolyutsiya (27) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ブハーリン(Nikolay Ivanovich Bukharin)
[1888~1938]ソ連の政治家・経済学者。十月革命に参加。党中央委員、コミンテルン議長、「プラウダ」紙編集長として活躍。スターリンと対立して粛清された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ブハーリン【Nikolai Ivanovich Bukharin】
1888‐1938
ソ連邦の政治家。モスクワの教師の家に生まれ,中学校在学中から革命運動に関係,1905年にロシア社会民主労働党に入党,ボリシェビキに属した。11年に投獄され,流刑地から脱走,ヨーロッパへ渡り,ウィーン大学で経済学を学んだ。しだいに亡命ボリシェビキの中で理論家として頭角をあらわした。15年《帝国主義と世界経済》を書き上げ,16年には論文《帝国主義国家の理論によせて》を脱稿,公表した。ともにレーニンの帝国主義論,国家論に影響を与えている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ブハーリン【Nikolai Ivanovich Bukharin】
1888~1938 ソ連の政治家。「プラウダ」編集長、コミンテルン執行委員などを務め、理論家として影響力を発揮したが、スターリンに粛清された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブハーリン
ぶはーりん
Николай Иванович Бухарин Nikolay Ivanovich Buharin
(1888―1938)
ロシアの革命家、ソ連の政治家。モスクワで教師の子として生まれる。1905年革命の影響を受け、1906年にロシア社会民主労働党に入党、ボリシェビキに属した。1907年モスクワ大学法学部経済学科入学。1908年党モスクワ委員会の指導部に入り、逮捕と釈放を繰り返したのち、1911年にアルハンゲリスク県に流刑され、そこから西ヨーロッパに逃走した。ブハーリンはここでレーニンと接触して大きな影響を受け、理論家として頭角を現した。第一次世界大戦勃発(ぼっぱつ)後アメリカに渡り、トロツキーらと反戦国際主義派の『新世界』紙を編集し、『帝国主義と世界経済』(1915)、『帝国主義国家の理論によせて』(1916)を執筆。これはレーニンの帝国主義論、国家論形成に影響を与えた。
 1917年の二月革命後、横浜経由で帰国し、モスクワの党とソビエトで活躍。第6回党大会で中央委員(~1934。その後1937年まで中央委員候補)に選ばれた。十月革命後は党機関紙『プラウダ』編集長。ブレスト・リトフスク講和条約締結問題をめぐる党内論争では、ドイツとの革命戦争を主張。またその後の社会主義建設路線をめぐる論争でも左翼共産主義者としてレーニンと対立したが、のち誤りを認めた。1919年のコミンテルン(第三インターナショナル)創設以来、その重職を占めるとともに『共産主義のABC』(プレオブラジェンスキーとの共著、1919)、『史的唯物論』(1921)などを著し、理論家として世界的な名声を博した。ネップ(新経済政策)期に入ると、農民との和解と漸進的な工業化による「一国社会主義」を主張、1924年に政治局員となり、スターリンと党内多数派を形成した。1927~1928年、穀物調達危機に際しての「非常措置」の導入や急激な工業化路線を主張するスターリンと対立、ルイコフ、トムスキー(1880―1936)らと「右翼反対派」を形成したが、1929年にはコミンテルンの役職や政治局から排除され、失脚した。
 1933年には自己批判し、政府機関紙『イズベスチア』の編集長に任命され、1936年の「新憲法」起草に大きな役割を果たしたが、大粛清のなかで1937年2月に逮捕され、1938年3月の公開裁判でファシズムの手先と宣告、処刑された。彼の名誉回復の動きはソ連時代からロシア国内でも広がっていたが、死後50年たった1988年、ペレストロイカに伴い、ソ連最高裁判所は国家反逆罪の判決を撤回、名誉回復がなされた。[藤本和貴夫]
『佐野学編『唯物史観』『帝国主義論』(1929、1930・白揚社) ▽救仁郷繁訳『ブハーリン著作選1 過渡期経済論――転形過程の一般理論』 ▽和田敏雄他訳『ブハーリン著作選2 経済学者の手記――新しい経済年度の開始によせて』 ▽佐藤博他訳『ブハーリン著作選3 世界経済と帝国主義』(1969、1970・現代思潮社) ▽S・F・コーエン著、塩川伸明訳『ブハーリンとボリシェヴィキ革命』(1979・未来社) ▽ロイ・アレクサンドロヴィチ・メドヴェーデフ著、石堂清倫訳『失脚から銃殺まで=ブハーリン』(1979・三一書房) ▽アンナ・ラーリナ著、和田あき子訳『夫ブハーリンの想い出』上下(1990・岩波書店) ▽ソ連司法人民委員部、トロツキー編著、鈴木英夫・菊池昌典訳『ブハーリン裁判』新装版(1991・鹿砦社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ブハーリン
(Nikolaj Ivanovič Buharin ニコライ=イワノビチ━) ソ連の政治家・哲学者・経済学者。革命後、ソ連共産党中央委員、党機関紙「プラウダ」編集長などを歴任したが、レーニン、スターリンと対立、粛清された。機械的唯物論の立場に立ち「史的唯物論」「帝国主義と資本の蓄積」の著は有名。(一八八八‐一九三八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ブハーリン
Nikolai Ivanovich Bukharin
1888〜1938
ロシアの革命家・旧ソ連の政治家
1905年の第1次ロシア革命に参加し,翌年ロシア社会民主労働党に入党した。1929年まで共産党中央委員,「プラウダ」編集長を歴任し,党きっての理論家であったが,28年からの強引な工業化に反対してスターリンと対立し,反国家分子として38年粛清された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブハーリン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブハーリンの関連情報

関連キーワード

チェーホフウィルヘルムウィルヘルムプルジェワリスキー内閣総理大臣ウィルヘルム[1世]セリュジエ原田豊吉フランクベルナール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation