@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブライアン条約【ブライアンじょうやく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブライアン条約
ブライアンじょうやく
Bryan Treaties
アメリカが 1913年から 14年にかけて 30余国と結んだ平和の促進のための条約で,紛争の国際審査制度への付託を内容とする。国務長官 W.ブライアンの名を冠してこう呼ばれる。締約国間に起きた紛争は,国際紛争平和的処理一般議定書 (1907,ハーグ) による仲裁裁判に付託されるものを除いて,常設の国際委員会の審査に付託することを締約するもの。委員会は紛争当事国一方の付託により活動を開始し,審査中は武力行使を禁じ,仮保全処置を指示することができる。また締約国を必ずしも拘束しないが,委員会は審査の結果報告書を提出する。第1次世界大戦後さらに発達した調停その他の制度が形成されたため,実際にはまったく機能しなかったが,ハーグ平和会議で設けられた国際審査委員会の制度に改良を加えた点は高く評価される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶらいあんじょうやく【ブライアン条約】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブライアン条約
ぶらいあんじょうやく
Bryan Treaties

1913年、W・J・ブライアンがアメリカ国務長官に就任して以来、外国と締結する条約のなかに、「外交上の調整手段に失敗した時は、常設国際委員会に付託して調査および報告」をなさしめて解決し、武力行使を避ける条項を挿入した。国際紛争の平和的解決手段として、国際審査制度を強調し、武力行使を避けることをうたったことから、この種の条約を「ブライアン条約」とよんでいる。

[經塚作太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブライアン条約」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブライアン条約の関連情報

関連キーワード

牧野省三カフカセネットドビュッシーバルカン戦争デトリングネグリチュードバルカン戦争バレーボール北マケドニア共和国

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation