@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブライト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブライト
Bright, John
[生]1811.11.16. ランカシャーロッチデール
[没]1889.3.27. ランカシャー,ロッチデール
イギリスの政治家。ロッチデールの綿工業家,クェーカー教徒。マンチェスター派の指導者。 1839年反穀物法同盟を結成,盟友 R.コブデンとともに運動を推進,46年夏ピール内閣に穀物法撤廃を実現させた。 43年ダラム選出,47~57年マンチェスター選出,58~89年バーミンガム選出の下院議員となり,自由党所属。選挙法改正など多くの改革に尽力。またクリミア戦争の時期 (1853~56) には,パーマストン外交に反対,英仏通商条約 (60) を推進,アメリカ南北戦争 (61~65) が起ると北部を支持した。 W.グラッドストン内閣の商務院総裁 (68~70) ,ランカスター公領総裁 (73~74,80~82) となったが,のちグラッドストンのエジプト干渉 (82) に際して意見が対立,辞任。アイルランド自治問題で自由党と決別した (86) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブライト
Bright, Richard
[生]1789.9.28. ブリストル
[没]1858.12.16. ロンドン
イギリスの医師。 1820~43年ロンドンのガイ病院に勤務。その当初に多量の蛋白尿浮腫で死亡した水夫病理解剖を行い,腎臓に顆粒状,萎縮性の病変を認めた。その後 16年間,同様の症例を集め,27年に発表し,浮腫,蛋白尿と腎臓病変とを一つの疾患単位として把握すべきことを提唱。この考え方が広く受入れられて腎臓病をブライト病と呼ぶようになった。尿毒症に際して出現する盲状態もブライト盲といわれる。その後もリンパ体質や膵臓性黄疸を記載,急性黄色性肝萎縮や着色脳も記載している。主著『内科臨床報告』 Reports of Medical Cases (1827) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ブライト(John Bright)
[1811~1889]英国の政治家。コブデンとともに自由放任主義を唱え、穀物法の廃止に成功。クリミア戦争に反対し、米国の南北戦争では北軍を支持した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ブライト
ライオンが製造・販売する衣料用漂白剤のブランド名。酸素系。主な商品に「手間なしブライト」「ブライトW」がある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ブライト【John Bright】
1811‐89
イギリスの政治家。ランカシャー,ロッチデールの出身。父は繊維工場の経営者で,クエーカー教徒であった。16歳で家業に従事したが,R.コブデンと出会って,1839年反穀物法同盟に参加,43年下院議員となり,コブデンとともに自由貿易運動を指導した。46年の穀物法廃止後,47年からマンチェスター選出の代議士となり,自由貿易運動をさらに推進したが,平和主義の立場からクリミア戦争に反対したため,57年の選挙では落選した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ブライト【breit】
スキーの板を平行に開くこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブライト【John Bright】
1811~1889 イギリスの政治家。コブデンとともに穀物法撤廃を指導し、その後も選挙法改正などの自由主義的改革に尽くす。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ブライト
John Bright
1811〜89
イギリスの政治家
自由貿易を主張し,コブデンらとともに穀物法廃止運動を組織。1843年下院議員となり,46年穀物法廃止に成功した。選挙法改正にも努力し,1867年第2次選挙法改正を実現させた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブライト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブライトの関連情報

関連キーワード

クライストベートーベンエルギンベッテルハイムライト坂東彦三郎(3代)合衆国銀行カルル・フリードリヒ競技場古史伝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation