@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブラケット【ぶらけっと】

デジタル大辞泉

ブラケット(bracket)
建築で、持ち送りのこと。
壁面に取り付けて照明器具などを支えるもの。また、そのように取り付けた照明器具。
印刷の約物で、括弧(かっこ)の一。ある語句・文を他と区別するために用いられる。[ ]など。→括弧
歯列矯正で、矯正用ワイヤーを固定するためにに取り付ける小さな器具

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

ブラケット
柱やからに出した、を支える受け木の事を言うが、壁面に取り付けるタイプ照明器具の事も指す。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ブラケット【Patrick Maynard Stuart Blackett】
1897‐1974
イギリスの物理学者。海軍の現役将校としての教育を受け,第1次世界大戦に士官として従軍,退役後,ケンブリッジのラザフォードのもとで物理学を学ぶ。1921年同大学を卒業,霧箱を用いた研究に取り組み,24年,α粒子による窒素原子核の変換過程を写真に撮影,これは原子核の人工変換の最初の写真であった。その後イタリアのG.P.S.オキアリーニと共同して宇宙線中の高エネルギー粒子の研究を開始,計数管制御の霧箱を用いて宇宙線のシャワー現象を発見すると同時に,そのシャワー中にほぼ同数の正との電子が現れることも明らかにし,さらに高エネルギーγ線からの電子対生成と,その逆過程である電子対消滅による低エネルギーγ線の放出示唆実験的にも証明した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ブラケット【bracket】
持ち送り。
壁などの鉛直面に取り付ける照明器具。
印刷の約物の一。文字や句を囲む括弧。[ ]【 】 などの類。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラケット【Patrick Maynard Stuart Blackett】
1897~1974 イギリスの物理学者。ウィルソンの霧箱で宇宙線中の高エネルギー粒子を研究。電子と陽電子の対生成、対消滅を確認し、アンダーソンによる陽電子の発見を確証。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブラケット
Blackett, Patrick Maynard Stuart , Baron
[生]1897.11.18. ロンドン
[没]1974.7.13. ロンドン
イギリスの物理学者。ケンブリッジ大学卒業後 (1921) ,キャベンディッシュ研究所所員,ロンドン大学教授 (33) ,マンチェスター大学教授 (37) などを歴任。原子核崩壊の研究で知られる。ウィルソンの霧箱を改良して宇宙線の研究に取組み,安定原子核の崩壊を霧箱写真でとらえる。このような核崩壊は以前にも観測されていたが,彼の実験で初めて明確な説明が与えられた。 1933年に宇宙線から電子の対生成と対消滅を観察し,また,第2次世界大戦中にはオペレーションズ・リサーチのグループを編成して軍事研究を行なった。 48年ノーベル物理学賞受賞。 69年男爵に叙せられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラケット
持送り」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ブラケット
〘名〙 (bracket)
① 電線などを適当な高さ、間隔に保持するために電柱に取りつける横木、または金属製の横板。〔電気工学ポケットブック(1928)〕
② 壁などの鉛直な面に取りつけて照明器具を支えるもの。また、その照明器具。
※壁の中の風景(1953)〈小山いと子〉「板燭台(ブラケット)の燈がぼんやりともってゐる」
③ 棚などをささえる横材。腕木。腕金。持送(もちおくり)
④ 印刷で特殊の語句を区別するために用いる記号活字の一種。角括弧(かっこ)。[ ]など。〔造本と印刷(1948)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラケット
(Patrick Maynard Stuart Blackett パトリック=メイナード=スチュアート━) イギリスの原子物理学者。霧箱の技術を開発し、一九四八年、原子核および宇宙線の研究によってノーベル物理学賞受賞。(一八九七‐一九七四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

ブラケット【bracket】
に取り付けた照明器具。
➁持ち送り。⇒持ち送り

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラケット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブラケットの関連情報

関連キーワード

PCI-ISAブリッジPCIブリッジPCI ExpressPCIバスブリッジ450NX国際監査基準EISAISA冠動脈造影検査

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation