@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブラシノライド【ぶらしのらいど】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブラシノライド
ぶらしのらいど
brassinolide
植物ホルモンの一種。一般に植物の成長を促進する。アメリカ農務省(USDA)研究所のミッチェルJ. W. Mitchellらは、1970年セイヨウアブラナBrassica napus L.の花粉に新しい植物成長物質が含まれることを見つけ、ブラッシンと名づけた。苦心の末、79年40キログラムもの花粉から4ミリグラムの活性物質の単離に成功して、その構造がグローブM. D. Groveらによって決定され、ブラシノライドと命名された。ブラシノライドは新しい型のステロイド化合物である。その後、ブラシノライドは広く植物界に存在することがわかり、類縁物質も多数単離されたので、これらを総称してブラシノステロイドbrassinosteroidとよぶ。
 ブラシノライドは一般に植物の成長を促進するが、とくに茎の成長には必須(ひっす)のホルモンである。ブラシノライドが合成されない突然変異体は矮性(わいせい)を示し、葉の成長も一般に抑制されるばかりでなく、形状も異常になる。また、暗所で育てても明所で育てたような形状を示すので、光の関与する形態形成と関係があると考えられている。ブラシノライドは細胞の導管・仮導管への分化に必要である。特徴ある作用として、ブラシノライドで処理すると、植物は耐寒性、耐塩性、耐熱性、耐病性、耐薬害性など各種ストレスへの耐性をもつようになる。
 ブラシノライドはステロールから生合成され、直前の前駆体はカスタステロンである。多く単離されている類縁体ブラシノステロイドの大部分は合成経路上の中間物質である。[勝見允行]
『高橋信孝編『植物生活環の調節』(1990・東京大学出版会) ▽勝見允行著『植物のホルモン』(1991・裳華房) ▽増田芳雄編著『絵とき 植物ホルモン入門』(1992・オーム社) ▽高橋信孝・増田芳雄編『植物ホルモンハンドブック』下(1994・培風館) ▽小柴共一・神谷勇治編『新しい植物ホルモンの科学』(2002・講談社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ブラシノライド
ブラシノライド
brassinolide

C28H48O6(480.69).セイヨウアブラナやナタネの花粉から単離された植物成長ホルモンの一種.融点274~275 ℃.+41.9°(クロロホルム-メタノール).その作用はオーキシンを介して,植物ホルモン全体に間接的に作用していると考えられている.現在,約30種類の構造が明らかにされ,一般名としてブラシノステロイドとよばれている.[CAS 72962-43-7]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラシノライド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブラシノライドの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation