@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブラフマー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブラフマー
Brahmā
インド神話の神。最高原理であるブラフマンを人格神とみなしたもの。中世ビシュヌシバとの三神一体思想が興ると,世界を創造支配する最高の神とされた。後世次第にビシュヌ,シバほど信仰されなくなり,今日ブラフマーのみを信仰する宗派は存在しない。仏教にも取入れられ,梵天となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ブラフマー(〈梵〉Brahmā)
ヒンズー教で、シバビシュヌ神とともに三神の一。宇宙の創造神。仏教にとりいれられ、梵天(ぼんてん)となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶらふまー【ブラフマー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ブラフマー【Brahmā】
ビシュヌ・シバと並ぶヒンズー教三神の一。宇宙の創造者。仏教に取り込まれて梵天となった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブラフマー
ぶらふまー
Brahm
ヒンドゥー教の創造神。「梵天(ぼんてん)」と漢訳される。ウパニシャッド思想の最高原理である「ブラフマン」(中性形)を神格化したもの。ブラフマーはブラフマンの男性形。ブラフマンからの宇宙創造説が有力になるにしたがって、抽象的な観念になじまぬ人々は、この中性原理を人格神に変える必要を感じたものであろう。かくてブラフマーは造物主(プラジャーパティ)とみなされ、初期仏教経典が成立したころには、世界の主宰神、創造神と一般に認められるようになっていた。しかし、シバとビシュヌの信仰が高まるにつれて、ブラフマーの地位は下がり、両神のうちのいずれかの影響のもとに宇宙を創造すると考えられるようになり、両神のような幅広い信仰の対象となることはなかった。ブラフマーは、水上で眠るビシュヌの臍(へそ)から生えた蓮花(れんげ)から生まれるとされる。また、スバヤンブ(自存者)、ピターマハ(祖父)ともよばれる。[上村勝彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ブラフマー

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラフマー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブラフマーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation