@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブラマー【ぶらまー】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブラマー
ぶらまー
Joseph Bramah
(1749―1814)

イギリスの機械技術者。ヨークシャーの農家に生まれる。10歳代後半に大工の徒弟となり、のちにロンドンへ行き、機械製作の助手として働いた。経済的基礎ができると自分で事業を始め、機械工としての評判を博した。1784年にシリンダー錠の特許を得たが、この錠はブラマー錠として知られる。水道のバルブ、ポンプ、消火器、水洗便器などの改良も行った。1769年にはパスカルの原理を用いた水圧機を発明して特許をとった。その後、蒸気機関、ボイラー、木材や金属を加工する工作機械などの改良に努め、1806年に印刷機械を発明した。農家の出であることを忘れず、宗教的で温かい心の持ち主であった。旋盤の父といわれるモーズリーはブラマーの弟子である。

[中山秀太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラマー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブラマーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation