@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブランデージ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブランデージ
Brundage, Avery
[生]1887.9.28. アメリカ合衆国ミシガンデトロイト
[没]1975.5.8. ドイツ連邦共和国,ガルミッシュパルテンキルヘン
アメリカ合衆国の体育家。イリノイ大学卒業。1912年第5回ストックホルム・オリンピック競技大会において近代五種競技 5位。アメリカ体育協会会長(1928~33,1935),国際オリンピック委員会 IOC副会長を経て,1952年第5代 IOC会長に就任。運営手法に批判を浴びながら威厳を保ち,アマチュアリズムを厳格に貫くなど(→札幌オリンピック冬季競技大会),1972年の退任まで一貫してオリンピック精神を守り続けた。ミュンヘン・オリンピック競技大会ではオリンピック村の襲撃で選手,役員死者を出したが,激しい批判に抗し,大会の続行を主張した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ブランデージ【Avery Brundage】
1887‐1975
国際オリンピック委員会(IOC)の第5代会長。アメリカ人。苦学してイリノイ大学を卒業,その後建設業界に入り成功をおさめ財をなす。学生時代から陸上競技の選手として活躍,1912年の第5回ストックホルム・オリンピック大会では五種競技で5位に入賞。28‐36年AAU(全米体育協会)会長,また1927‐45年アメリカ・オリンピック協会会長を務め,ナチズムにスポーツで戦うとの考えからベルリン・オリンピック大会(1936)にアメリカ選手団を引き連れて参加,オーエンスらの活躍で一石を投じた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブランデージ
ぶらんでーじ
Avery Brundage
(1887―1975)
アメリカ、国際オリンピック委員会(IOC)第5代会長を1952年から72年まで務めた。とくに64年(昭和39)東京オリンピック、72年の札幌冬季オリンピックの際、IOC会長として日本の大会運営に好意を寄せ、大会成功に大きな貢献をした。また会長在任中、アマチュアリズムについて厳格で、世界のスポーツ界にアマチュアの純粋性を説いたことで有名。札幌冬季大会でも、スキーの用具を商業宣伝に使ったとの理由で、オーストリアのメダル候補の追放も決めるなど厳しい姿勢を示した。陸上競技の出身で、第5回オリンピックでは五種競技で第5位に入賞している。一方、古代東洋美術のコレクターでもあり、しばしば来日した。[深川長郎]
『A・ブランデージ著、宮川毅訳『近代オリンピックの遺産』(1974・ベースボール・マガジン社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブランデージ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブランデージの関連情報

関連キーワード

東京芸術大学120周年国民之友雑誌新島襄ピッツバーグ・パイレーツ[各個指定]芸能部門オストワルト巨文島事件三大事件建白運動

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation