@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブリキ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブリキ
tin plate
スズをメッキした鋼板低炭素の軟鋼板にスズを薄く被覆して腐食を防いだもので,表面が美しく,耐食性にすぐれ,ハンダがよくつき,毒性がないので,缶詰用の,食品容器,石油缶など広い用途をもつ。製造法には,所定寸法に切断した鉄板純度の高い (99.8%以上) スズ浴中を通す溶融メッキと,長尺コイル状の鉄板を硫酸スズを主成分とした酸性浴中で電気メッキする方法がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ブリキ【tinplate】
スズめっきをした鋼板の薄板をいう。耐食性があり,はんだ接着性がよく,毒性のないことなどを特徴とし,缶詰缶のような食品容器として使用される。古くは溶融めっき法で製造されたが,現在ではすべて電気めっき法で製造される。めっき層の厚さも1μm以下の薄いものが主流になっている。表面に存在するスズの役割も,耐食性ばかりでなく固体潤滑材として鋼板によい加工性を与えることなどの特徴が注目されている。図は近年生産されているブリキ薄板の断面を示したものであるが,その構造を見ると複合された表面皮膜をもつ材料といえる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブリキ
ぶりき
tin plate 英語
bliki オランダ語

スズをめっきした薄鉄板。「錻力」「鉄葉」の当て字が用いられた。スズの歴史は非常に古く、紀元前4000年ごろに銅‐スズ合金(青銅)がつくられ、紀元後25年に鉄器にスズめっきが施されていた。スズめっきが近代技術として発達を始めたのは13世紀のボヘミア地方においてであるといわれる。古くから使われてきた理由は、スズの融点が低いために後述の溶融法で容易に美しい光沢のめっきが可能であり、そのうえ鉄の弱点である腐食性を補うことができるからである。

 スズめっき法は溶融法と電気めっき法とに大別される。スズの融点は231.9℃と低く、初期においてはもっぱら溶融法が行われたが、今日では厚めっきが要求される酸性内容物の缶など特別な場合を除き、ほとんど電気めっき法で行われている。その理由は、溶融めっき法の2分の1以下の薄く均一なめっきが容易にでき、スズ層の薄さによる耐食性の低下を合成樹脂塗料の進歩で十分補えるようになったためである。原板としては極(ごく)軟鋼薄板が用いられる。冷間圧延板はアルカリ洗浄と酸洗いされ、600~700℃で光輝焼きなましされる。数%の調質圧延を行ってからふたたび洗浄と酸洗いを行い、めっき浴に入れる。めっき液にはスズ酸ソーダ、カ性ソーダ液やフェノールスルホン酸スズなどを用いる。めっきを終了した板はクロム酸など酸化性溶液をくぐり、薄く緻密(ちみつ)なスズ酸化膜を形成し、その後塗油されて巻き取られる。ブリキは元来スズ自体の潤滑性と油膜の存在により絞り加工が容易であるが、厳しい加工を施す場合ほどあらかじめよく焼きなまされた原板が使用される。スズの使用量をさらに節約するために、冷延鋼板の表面にきわめて薄いクロムめっきを施した無スズ鉄板がキャンスーパーなどの名称で生産され、食品や飲料の容器に利用されている。この耐食性を補う意味をも兼ねて、缶になってのちに合成樹脂塗装を施される。これはブリキに比べて、はんだ付け性が劣る。スズ‐鉛合金めっきにより、はんだ付け性が向上する。

[須藤 一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ブリキ
〘名〙 (blik) 錫めっきした鉄板。溶融した錫の中へ浸すか硫酸錫などを用いた電気鍍金法でつくられる。缶詰など広く用いられる。また、それでつくられたもの。時には亜鉛めっきした鉄板(トタン)をさすこともある。〔厚生新編(1811‐39頃)〕
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「昔噺の赤本やら、銕葉(ブリキ)の喇叭やら」
[補注]オランダ語では薄い鉄板を意味し、日本では当初ブリッキと音訳して「鉄葉」の字を当てた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ブリキ
ブリキ
tin plate

炭素量0.1質量% 以下の薄い軟鋼板の表面にスズをめっきしてすぐれた耐食性を与えたもの.オランダ語のblikが語源.めっきの方法に溶融めっきと電気めっきとがある.溶融めっきでは0.1~0.4 mm 程度の厚さの原板をまず酸洗して表面の酸化膜を除去したのち,中和水洗し,180~200 ℃ に調節された10% NH4Cl-ZnCl2の融解フラックス層を通して310~330 ℃ のスズ浴に入れスズを付着させる.出口側スズ浴の上を覆っている厚いパーム油のなかを通る間に3対の仕上ロールで余分のスズはしぼられて均一な厚さのめっき層が得られる.めっき層の厚さは1.5 μm 程度で,鉄との界面には0.3 μm くらいの合金層(主としてFeSn2)が形成される.上記の溶融めっきは高価なスズの使用量が多いのに対し,電気めっきによる電気ブリキは0.4 μm 程度の薄いめっきができ,表裏の厚さを変えることもできるので,溶融めっきは電気めっきに置き換えられる傾向にある.ブリキの耐食性は非常にすぐれているが,スズは鉄よりイオン化傾向が小さいため,表面にきずができて鋼板が露出すると腐食が促進される.成形加工が容易で毒性の心配もないので,食用缶(缶づめ用や防湿用食品缶)や石油缶などに広く用いられている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリキ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブリキの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation