@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブリストル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブリストル
Bristol, Mark Lambart
[生]1868. ニュージャージー,グラスバラ
[没]1939. ワシントンD.C.
アメリカの海軍軍人,外交官。アメリカ=スペイン戦争中サンチアゴの戦いで『テキサスに乗り活躍。海軍の近代的砲術水雷,航空術の発展寄与イギリスベルギートルコなどで外交官としても活躍した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリストル
Bristol
アメリカ合衆国,コネティカット州のほぼ中央部にある工業都市独立戦争ではイギリス党の本拠地。植民地時代すでに製粉製材,なめし,木工品工場があった。 17世紀末から 18世紀初めには大西洋岸全域にスズの細工品を売り歩く「ヤンキー行商人」の出身地であった。その後時計製造に移り,さらにその技術は腕時計自転車自動車部品スプリングなどの生産に発展した。人口6万 640 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリストル
Bristol
アメリカ合衆国,テネシー州バージニア州の州境にまたがる都市。地形的,文化的,経済的に一体化した都市であるが,行政上別々の単位をなし,それぞれの市庁,公立学校,郵便局その他をもつ。 1771年に西部への旅行者のための宿場として始り,1856年東部の海岸とミシシッピ川を結ぶ鉄道が開通した。1世紀以上にわたって州境に関する論争が続いたが,1903年に市の中心を通る州道を州境とすることに決定した。電子機器,金属製品,繊維,事務機械などをつくる工業が発達している。人口は2万 3421 (テネシー州,1990) ,1万 8426 (バージニア州,1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリストル
Bristol
アメリカ合衆国,ロードアイランド州の都市。プロビデンスのすぐ南東にあり,ロード島とはマウントホープ橋でつながる。アメリカ独立戦争中にイギリス軍の攻撃を受けて破壊された。 18世紀にはラム酒,奴隷などの貿易を行う港であったが,現在はプロビデンス郊外の住宅地で,プラスチックなどの工業が行われている。人口2万 1625 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリストル
Bristol
イギリスイングランド南西部の都市。単一自治体(ユニタリー unitary authority)。1974年の自治体再編でグロスターシャー県サマセット県に属していた地域が分離してエーボン県の一部となり,1996年に単一自治体となった。ロンドンの西約 190km,ブリストル海峡に注ぐセバーン川の三角江(エスチュアリー)左岸にある港湾都市で,中心市街は三角江に注ぐエーボン川を約 10kmさかのぼった地点にある。10世紀頃エーボン川とフルーム川の合流点に商業集落ができたことに始まる。13世紀に港が改良されてから港町として発展し始め,エドワード3世(在位 1327~77)の治世には羊毛取引中心地となり,アイルランドから羊毛を輸入,毛織物を輸出したほか,スペイン,ポルトガル,フランスなどとも交易。17~18世紀には海外植民地の成立とともに貿易も盛んになり,三角貿易によってもたらされた砂糖やカカオを元に,製糖,チョコレート製造などの工業も始まった。その後 19世紀にかけて急速に発展してきたリバプール港(→リバプール)に押されて一時衰えたが,外港エーボンマウス,ポーティスヘッドが建設されてから再び発展,イギリスで最も近代化の進んだ港湾の一つとなった。穀物,石油,飼料,亜鉛,肉,酪農製品,果実,木材などを輸入し,自動車,トラクタ,機械などを輸出する。工業都市でもあり,北郊のフィルトンにイギリスとフランスが共同開発した超音速旅客機『コンコルド』を製造した航空機工場が立地するほか,電子工学,たばこ,製紙,印刷,製粉,陶器,化学,造船,機械などの工業も盛ん。銀行,保険会社の本社も多く,金融の一中心地にもなっている。第2次世界大戦では,空襲により多くの建物が破壊されたが,元聖オーガスティン修道院(1142)であったブリストル大聖堂をはじめとする歴史的建築物が多数保存されている。ブリストル大学(1876)をはじめとする教育機関がある。面積 110km2。人口 38万615(2001)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ブリストル(Bristol)
英国、イングランド南西部の港湾都市。ブリストル海峡に注ぐエーボン川の下流に位置する。17世紀以来、アメリカ大陸との貿易で繁栄造船業が盛ん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ブリストル【Bristol】
イギリス,イングランド南西部のエーボン州にある商工業都市で州都。地名は〈橋のある場所〉の。人口40万1000(1995)。ブリストル海峡に注ぐエーボン川の下流,フルーム川との合流点に位置し,エーボン川河口のエーボンマウスにある国際港湾やイングランドとウェールズを結ぶ鉄道によって交通の要衝をなし,航空機,原子力,タバコ,製粉,印刷などの工業が発達する。サクソン人の集落が成立するのは10世紀になってからであるが,ノルマン征服時にはすでに城が建設されて交易中心となっており,1155年にはヘンリー2世により同市へ初めて特許状が出され,1373年には独立の州となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ブリストル【Bristol】
イギリス、イングランド南西部、エーボン川下流にある河港都市。一七~一八世紀はアメリカとの貿易で栄えた。航空機などの工業が盛ん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブリストル
ぶりすとる
Bristol
イギリス、イングランド南西部にあるユニタリー・オーソリティーUnitary Authority(一層制地方自治体)の港湾都市。ロンドンの西約180キロメートル、ブリストル海峡からエイボン川を約13キロメートルさかのぼった位置にある。人口38万0615(2001)。イギリスでもっとも大きな貿易港の一つで、イングランド南西地方の行政、商工業、金融などの中心地でもある。有史前からエイボン川とフロム川の合流点に集落が営まれ、中世には同地方の商業中心都市となった。12世紀にはイギリスの主要港の一つとなり、その後奴隷貿易の基地として栄えた。またニューファンドランドの植民と深い結び付きをもつなど、この町の発展はアメリカ大陸との関係が深い。現在はアイルランドや国内諸港との取引のほか、北アメリカ、中央アメリカとの貿易が盛んで、穀物、砂糖、ココア、酪農製品、木材、原油などを輸入し、化学製品、自動車、石油製品、綿製品、チョコレート、陶器類などを輸出している。近くに石炭を産し、工業には、伝統を誇る造船業をはじめ、靴その他の皮革製品製造、製粉、ココア、チョコレートなどの食品加工がある。これらに加え、最近は自動車、航空機などの製造業が盛んになっている。市街地は第二次世界大戦中にドイツ空軍の爆撃で、ギルドホール、17世紀のセント・ピーター病院、15世紀の教会など、新旧多くの建物が破壊されたが、戦後目覚ましい復興を遂げている。現存する市内の代表的建物としては、1142年創設の大聖堂、13世紀のセント・メリー・ラドクリフ教会、16世紀のグラマー・スクール、16世紀のイギリス最初の公共図書館、ブリストル大学、市立美術館、市立博物館など美しいものが多い。[井内 昇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ブリストル
(Bristol) イギリス、イングランド南西部の港湾都市。穀物・原油などの輸入物資の輸送拠点。かつては新大陸への基地として、アメリカとの三角貿易が行なわれた。伝統的な造船業はじめ、皮革・食品工業が盛ん。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリストル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブリストルの関連情報

関連キーワード

戊辰戦争早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフ津田ブハラ・ハーン国ブラームスブルックナー柳河春三

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation