@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブリタニック諸語【ブリタニックしょご】

世界大百科事典 第2版

ブリタニックしょご【ブリタニック諸語 Brittonic】
ローマ人のブリテン島征服(43‐410ころ)に先立ち,この島に移り住んでいたケルト人の使用した言語で,ブリトニック諸語,またブリソニック諸語Brythonicともいわれる。この言語ではインド・ヨーロッパ(印欧)共通基語におけるkWの音がpであらわれていた(例えばゲーリック語equos〈馬〉に対するブリタニック語eposのごとく)。この意味でブリタニック語はゴール語とともにいわゆるp‐群のケルト語に属する(ケルト語派)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ブリタニック‐しょご【ブリタニック諸語】
〘名〙 インド‐ヨーロッパ語族ケルト語派の島嶼ケルト語を二大別した一つで、ゲール諸語に対する。ウェールズ語、コーンワル語、ブルトン語(フランスのブルターニュ地方)を含む。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニック諸語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブリタニック諸語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation