@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブリテン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブリテン
Britten, (Edward) Benjamin
[生]1913.11.22. ローストフト
[没]1976.12.4. オールドバラ
イギリスの作曲家。 12歳で F.ブリッジ弟子となり,1930~33年ロンドン王立音楽学校で学んだ。卒業後は映画,ラジオ,劇場音楽を作曲,39年渡米して最初のオペレッタ『ポール・バニヤン』を発表し,42年帰国。クーセビツキー基金により3幕のオペラピーター・グライムズ』 (1945) を完成。その後『ルクリーシャの凌辱』 (46) ,『アルバート・ヘリング』 (47) ,『ねじの回転』 (54) ,『カリュー・リバー』 (64) などのオペラを次々に発表した。歌曲管弦楽にもすぐれ,『シンプル・シンフォニー』 (34) ,『青少年管弦楽入門』 (46) ,『戦争レクイエム』 (61) などの作品がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)

ブリテン
イギリスの作曲家。幼少の頃からピアノや声楽を学び、作曲を始めた。ブリテンの母親は、アマチュアながら才能のあるソプラノ歌手であった。10代の前半からブリッジに作曲を師事し、奨学金を得てロンドン王立音楽 ...続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

世界大百科事典 第2版

ブリテン【Benjamin Britten】
1913‐76
イギリスの作曲家。幼少のころから楽才を発揮し,12歳から作曲を学び,16歳でロンドンのローヤル音楽カレッジに入学した。1934年卒業後,詩人W.H.オーデンに協力して記録映画のための音楽を作曲した。39‐42年,テノール歌手P.ピアーズとともにアメリカに滞在中,日本の〈紀元2600年〉奉祝作品の委嘱をうけて作曲した《鎮魂交響曲Sinfonia da Requiem》(1940)は日本政府を激怒させ記念演奏会の曲目からはずされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブリテン
ぶりてん
Benjamin Britten
(1913―1976)

イギリスの作曲家。ストフトに生まれる。幼時から異常な音楽的才能を示し、F・ブリッジに作曲を学ぶ。1930年ロンドンの王立音楽院に入学。卒業後、詩人W・H・オーデンに協力して記録映画をつくり、また彼の詩に作曲を試みる。39年、親友のテノール歌手ピーター・ピアーズとともに渡米し、アメリカに移住したオーデンを中心とする芸術家グループと親しく交わる。42年帰国したブリテンは、指揮者クーセビツキーの委嘱によるオペラの作曲に専念する。このオペラ『ピーター・グライムズ』は45年ロンドンで初演され、圧倒的な成功を収める。その後、最後のオペラ『ベニスに死す』(1973)に至るまで、『ルクリーシアの凌辱(りょうじょく)』(1946)、『アルバート・ヘリング』(1947)、『オペラを作ろう、小さな煙突掃除』(1949)、『ビリー・バッド』(1951)、『グロリアーナ』(1953)、『ねじの回転』(1954)、『ノアの洪水』(1957)、『真夏の夜の夢』(1960)、『カーリュー・リバー』(1964)、『燃える炉』(1966)、『放蕩(ほうとう)息子』(1968)、『オウエン・ウィングレーブ』(1970)など多くのオペラが作曲された。彼の音楽は、斬新(ざんしん)な作風を示すものではないが、確かな技巧と豊かな旋律に恵まれ、その巧みな表現力によって多くの聴衆を魅了している。56年(昭和31)来日。オールドバラに没。オペラ以外の作品も多いが、なかでも『戦争レクイエム』(1961)、『青少年のための管弦楽入門』(1946)などが広く知られている。

[寺田兼文]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ブリテン
(Britain) イギリスのイングランド、ウェールズおよびスコットランドの総称。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「上院は其議事官四百三十七人第一王族〈略〉第二不列顛(ブリテーン)の貴族〈略〉以上四類の会集なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ブリテン(Britain)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリテン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブリテンの関連情報

関連キーワード

牧野省三カフカセネットドビュッシーバルカン戦争デトリングチームⅩネグリチュードバルカン戦争バレーボール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation