@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブリヤート族【ブリヤートぞく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブリヤート族
ブリヤートぞく
Buryat
シベリアの半農半牧民でモンゴル人の一民族。ロシアに約 37万人,モンゴルに約4万人が住む。ロシアでは主としてブリヤート共和国チタイルクーツクなどに居住している。以前はバイカル湖周辺の山地で天幕生活をする遊牧民であったが,17世紀中頃からロシア人と接触し,定着して農耕も行うようになった。コムギ,ジャガイモ,野菜,ビートを栽培し,ウシ,ウマ,ヒツジ,ラクダなどを飼育し,組織的な狩出し狩猟を行う。父系氏族制で,社会は上層,下層の2階級に分れる。シャーマニズム仏教の混合した宗教を信じ,東部ブリヤート族はハルハ・モンゴルの影響でより仏教的である。少数のロシア正教徒もいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ブリヤートぞく【ブリヤート族 Buryat】
ロシア連邦,南シベリアのモンゴル系の言語を話す民族。ブリヤート・モンゴルBuryat‐Mongolともいう。大部分はロシア連邦のブリヤート共和国に住んでいる。人口はロシア全土で約41万7400(1989)。形質人類学的にはモンゴロイドの内陸アジア型。17世紀にラマ教(チベット仏教)がチベットからモンゴルを経由して入ってくるまでは,住民の間にはシャマニズムが行われていた。シャーマンには白と黒があり,白は天に住む善神テンゲリン,黒は地下に住む悪神に仕えるものとされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリヤート族」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブリヤート族の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation