@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブリュー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブリュー
Brieux, Eugène
[生]1858.1.19. パリ
[没]1932.12.6. ニース
フランスの劇作家。 1890年にアントアーヌの自由劇場で『芸術家の家庭』 Ménages d'artistesを上演以来,社会問題を扱った世相劇の作者としてをなす。代表作『法服』 La Robe rouge (1900) ,『梅毒患者』 Les Avariés (01) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

ブリュー【BREW】
携帯電話向けのソフトウェア実行環境のひとつ。2001年、アメリカのクアルコムが発表。同社の登録商標。C言語またはC++コンパイルしたオブジェクトコードを用いるため、実行速度が速い。日本では、KDDIの携帯電話サービス「au」のEZアプリに採用されている。◇「ブルー」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブリュー
ぶりゅー
Eugène Brieux
(1858―1932)

フランスの劇作家。貧しい職人の家に生まれ、独学で刻苦勉励して新聞記者となり、『芸術家の家庭』(1890)と『ブランシェット』(1892)の二作がアントアーヌの自由劇場に採用され、劇作家としての地位を確立した。いわゆる自由劇場出身作家の1人である。作品の主題は親子関係、教育問題などで、個人や社会が当面する「悪」を、大衆を対象に訴えたものだが、ときに説教に堕する危険もあり、問題劇の常として『法服』(1900)も『梅毒患者』(1901)もいまは色あせてしまった。代表作は『デュポン氏の3人娘』(1897)。

[本庄桂輔]

『内藤濯訳『ブランシェット』(『近代劇全集 第15巻』所収・1928・第一書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ブリュー
〘名〙 ⇒ブルー

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリュー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブリューの関連情報

関連キーワード

ケクレ検察官(司法)ペルチナクスペルティナクス山田哲人国際連合コンモドゥスペルティナクスセウェルスディディウス・ユリアヌス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation