@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブルガーター訳聖書【ぶるがーたーやくせいしょ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブルガーター訳聖書
ぶるがーたーやくせいしょ
Vulgataラテン語
ブルガーターとはラテン語のVulgata Editioの略で、「一般の、共通の」を意味し、カトリック教会で公式に用いられるラテン語訳聖書をさしている。これはヒエロニムスが382年教皇ダマスス1世Damasus (在位366~384)の要請によって始めた訳業で、それまであった古ラテン訳を改めつつ、旧約の部は大部分自分の新しい訳によってつくりあげ、405年に完成した。このラテン語訳聖書は1546年のトリエント公会議においてローマ・カトリック教会の公認聖書となったのである。なお近年この新約の部の粗略さを批判改訂した校訂版(J. Wordsworth, H. J. White and H. F. D. Sparks : Novum Testamentum Domini Nostri Iesu Christi latine, secundum editionem sancti Hieronymi(1889~1954))が出されている。[木下順治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルガーター訳聖書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブルガーター訳聖書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation