@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブルックリン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブルックリン
Brooklyn
アメリカ合衆国,ニューヨーク市の5 (バラ) の一つ。キングズ郡をなす。ロングアイランド島南西部に位置する。 1636年オランダからの移住農民が定着し,1834年市制。 98年ニューヨーク市を構成する区となった。マンハッタンとは橋と地下鉄で結ばれる。住宅と教会,学校の多い地区であるが,ロングアイランド鉄道の西側のターミナルがあって,輸出入貨物の取扱量が多く,各種の工場もある。プラット理工系大学をはじめ多くの学校,博物館,水族館,植物園などがある。大西洋岸のコニーアイランドは行楽地として知られ,プロスペクト公園はアメリカ独立戦争時のロングアイランドの戦いが行われた場所。5区のなかで最も人口が多い。人口 230万 644 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ブルックリン(Brooklyn)
米国ニューヨーク市南部の区。ロングアイランド島の西部を占め、住宅地。南端に行楽地コニーアイランドがある。
ボウリングで、右投げの人が一番ピンの右側をねらって投げたボールが、一番ピンの左側に当たること。ハドソン川左岸にあるところからいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ブルックリン
2015年のアイルランド・イギリス・カナダ合作映画。原題Brooklyn》。監督:ジョン・クロウリィ、出演:シアーシャ・ローナン、ドーナル・グリーソン、エモリー・コーエン。1950年代のニューヨークを舞台にアイルランドから移住した女性の生涯を描く。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルックリン
宋敏鎬(ソンミンホ)の日本語による詩集。1997年刊行。人種の坩堝であるアメリカ・ブルックリンの病院に医師として勤務した経験をもとに綴られた作品。1998年、第3回中原中也賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典

ブルックリン【Brooklyn】

カクテルの一種。ライウイスキードライベルモット、アメールピコン、マラスキーノをシェークしてカクテルグラスに注ぐ。ショートドリンク。20世紀初頭に創案されたとされる。マンハッタンの味と似ているため、隣町のブルックリンの名で呼ばれるようになった。食前酒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブルックリン
ぶるっくりん
Brooklyn

アメリカ合衆国、ニューヨーク市南部の区。面積182平方キロメートル、人口246万5326(2000)は5区中最大である。イースト・リバーを隔ててマンハッタン区と結ばれ、スターテン島との間にはベラザーノ・ナローズ橋が架かる。主として住宅地の性格をもつが、工業、商業の発達もみられる。黒人人口が36%を占め、人種的にも多様であり、人種問題のトラブルが後を絶たない。区内には、ブルックリン大学、ニューヨーク工芸大学があり、ブルックリン植物園、ブルックリン美術館、合衆国有数の行楽地であるコニー・アイランドの所在地でもある。1636年に入植が始まり、1834年市制を敷いたが、98年ニューヨーク市に併合された。

[作野和世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ブルックリン
(Brooklyn) アメリカ合衆国ニューヨーク市南東部の区。ロングアイランド島の南西端にあり、住宅地が大半を占める。南端のコニーアイランドは行楽地として有名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルックリン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブルックリンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation