@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブルック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブルック
Broke (Brooke), Arthur
[生]?
[没]1563
イギリスの詩人,翻訳家。ユグノー救援に向う途上,若くして溺死。イタリアの M.バンデッロの物語をフランス語から重訳,翻案した物語詩『ロメウスとジュリエット』 The Tragicall Historye of Romeus and Juliet (1562) はシェークスピアに素材を提供した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルック
Broke, Sir Philip Bowes Vere
[生]1776.9.9. イプスウィッチ近郊
[没]1841.1.2. ロンドン
イギリスの海軍軍人。 1812年から始ったアメリカ=イギリス戦争のとき,フリゲート艦『シャノン』号の艦長としてボストン沖を巡航中の 13年6月1日,アメリカのフリゲート艦『チェサピーク』号を捕獲した。「勇敢なブルック」といわれ,13年准男爵に叙せられた。 30年海軍少将。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルック
Brook,Peter(Stephen Paul)
[生]1925.3.21. ロンドン
イギリスの演出家。オックスフォード大学卒業。ポーランドの J.グロトフスキやリビング・シアターのジュリアン・ベックらの影響を受け,20世紀前衛演劇の発展に大きく貢献した。 1962年にロイヤル・シェークスピア劇団に加わり,P.スコフィールド主演の『リア王』 (1962) ,P.ワイスの『マラー/サド』 (64) ,『夏の夜の夢』 (70) などを演出。その他『雨のしのび逢い』 (60) ,M.デュラス原作"Moderato Cantabile",『リア王』 (70) などの映画作品もある。主著『なにもない空間』 The Empty Space (68) 。 70年パリに国際演劇研究センターを設立,各国の俳優を集めて『オルガスト』 (71) ,『イク』 (76) など実験的演劇の上演も行なっている。3度来日,最近では 91年に『テンペスト』の東京公演を行なった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルック
Brooke, Edward William
[生]1919.10.26. アメリカ,ワシントンD.C.
アメリカの黒人政治家。 1941年ハワード大学卒業,第2次世界大戦では黒人部隊の大尉。 48年ボストン大学法学部を終えてマサチューセッツ州で弁護士となり,62年同州法務局局長。 66年南部再建時代以来最初の黒人上院議員。黒人には珍しく共和党所属で,R.ニクソン政権第1期の閣僚就任要請を拒否し,72年上院に再選穏健派の有力な黒人政治家。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルック
Brooke, Sir James
[生]1803.4.29. インド,ワーラーナシ近郊セクロール
[没]1868.6.11. イギリス,バラター
イギリスの軍人,探検家。イギリスで勉学を終えたあと,1819年マドラス・インド人歩兵連隊に入り,1825年第1次ビルマ戦争に参加,重傷を負って帰国。イギリス東インド会社にも勤務したが,1830年辞職,東インド諸島を経て中国まで旅行し,東アジアにおけるヨーロッパの勢力扶植の問題に強い関心を示した。1835年父の死により,莫大な遺産を相続。1838年自分の武装帆船『ロイヤリスト』号でボルネオ島またはスラウェシ島に植民することを計画しながら,南海地域の探検に出発,シンガポールに到着すると,サラワクラージャ(王)のムダ・ハシムを援助して反乱鎮圧,1841年ブルネイのスルタンからサラワクを支配するラージャの称号を与えられた(→サラワク王国)。1848年ナイト爵を叙爵。1861年ラージャを甥チャールズ・A.J.ブルックに譲り,イギリス晩年を送った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルック
Brooke, John Mercer
[生]1826.12.18. フロリダ,タンパ近郊
[没]1906.12.14. バージニア,レキシントン
アメリカの海軍士官。職業軍人の家に育ち,1841年アメリカ海軍に入る。 46年アナポリスの海軍士官学校で1年勉強ののち航海歴を重ね,49年沿岸測量隊に編入され,51年から3年間海軍観測所にあって深海測量器を発明,53年から北太平洋探検に参加,55年には M.ペリーの開いた日本の近海を測量して帰国した。 58年サンフランシスコ-ホンコン間の航路測量のため『フェニモア・クーパー』号でホンコンにおもむき,帰路 59年8月横浜近海で難破し,60年『咸臨丸』に便乗木村芥舟 (喜毅) ,勝海舟らの操船を助けつつサンフランシスコに帰った。南北戦争中は南軍に属し,甲鉄艦『バージニア』号を設計し,また施条式,滑腔式のブルック・ガン (大砲) を開発,65~99年の間バージニア州立陸軍大学の物理学教授として教鞭をとった。『横浜日記』『咸臨日記』 (清岡暎一訳) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルック
Brooke, Rupert
[生]1887.8.3. ラグビー
[没]1915.4.23. スキュロス
イギリスの詩人。ラグビー校時代から詩作オックスフォード大学に進み,フェビアン協会員として活躍,1911年処女詩集刊行。第1次世界大戦に参加してギリシアで病した。アポロに比せられる美貌持主で,夭折を哀惜された。ソネット集『1914年』 (1915) によって死後名声を確立した。ほかに,H.ジェームズ序文を付した『アメリカからの手紙』 Letters from America (16) ,『ジョン・ウェブスターとエリザベス朝演劇』 John Webster and the Elizabethan Drama (16) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ブルック Brooke, John Mercer
1826-1906 アメリカの軍人。
1826年12月18日生まれ。海軍大尉測量船船長として安政6年(1859)来日し,横浜に滞在。7年咸臨(かんりん)丸にのり,日本人乗組員に技術指導をおこなって太平洋横断の航海を成功させた。1906年12月14日死去。79歳。フロリダ州出身。海軍兵学校卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ブルック【James Brooke】
1803‐68
イギリスの冒険家,植民地建設者。インドのワーラーナシーに生まれ,イギリスで教育を受けた。イギリス東インド会社の軍隊に入り,ビルマ(現ミャンマー)で戦い,負傷してイギリスに戻った。のち会社を辞し,父の遺産で購入したローヤリスト号で1838年にシンガポールに向かった。ここで海峡植民地知事より,ボルネオのブルネイ王国の支配下にあるサラワクのクチンに赴き,難破したイギリス船の生存者を引き取ることを求められ,クチンを訪れた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブルック【Peter Brook】
1925‐
イギリスの演出家。オックスフォード大学在学中に職業演出家として活動を始め,シェークスピア,サルトル,J.アヌイなどの戯曲才気に富む演出でしだいに名声を得る。1962年にローヤル・シェークスピア劇団の演出家となったころから,演劇を根元的にとらえ直す傾向を強め,不条理劇風の《リア王》(1962)やサーカス風の《夏の夜の夢》(1970)を創造して衝撃を与える一方,アルトーの演劇観を実践して〈残酷劇のシーズン〉と称する実験を行った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぶるっく【ブルック】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ブルック【Peter Brook】
1925~  イギリスの演出家。ロイヤルシェークスピア劇場の演出家を経て、パリに国際演劇研究センターを設立。演劇の根元的見直しをはかる。著「なにもない空間」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブルックの関連情報

関連キーワード

出入三河一向一揆トルレス毛利隆元三河一向一揆シュートエリザベス(1世)労働者条例キリシタン関係主要人名宗教改革史(年表)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation