@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブルトン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブルトン
Breton, André
[生]1896.2.18. オルヌ,タンシュブレー
[没]1966.9.28. パリ
フランスの詩人。医学を学び,第1次世界大戦に従軍中,フロイトの学説に傾倒した。 1919年アラゴン,スーポーとともにダダの機関誌『文学』 Littératureを創刊スーポー共著オートマティスム (自動記述) による最初の作品『磁場』 Les Champs magnétiquesを発表。のちダダを離れ,24年『シュルレアリスム宣言』 Manifeste du surréalismeを発表,機関誌『シュルレアリスト革命』 La Révolution surréalisteを創刊,この運動の理論的指導者となった。 28年代表作『ナジャ』 Nadjaを出版,翌年『シュルレアリスム第2宣言』を発表。その頃から共産主義に接近するが,35年決別。 38年メキシコ滞在中のトロツキーとともに『独立革命芸術のために』 Pour un art révolutionnaire indépendentを発表,41年アメリカに亡命した。第2次世界大戦後帰国してシュルレアリスム展を開催。その他の作,詩集『処女懐胎』L'Immaculée Conception (1930,エリュアールと共著) ,『狂気の愛』L'Amour fou (37) ,『秘法 17』 Arcane17 (47) ,評論『通底器』 Les Vases communicants (32) ,『シュルレアリスムと絵画』 Le Surréalisme et la peinture (46) ,『野を開く鍵』 La Clé des champs (53) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ブルトン(André Breton)
[1896~1966]フランスの詩人・小説家・批評家。ダダイスム運動に参加。のち、シュールレアリスム運動の指導者となった。著「シュールレアリスム宣言」「ナジャ」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルトン(〈フランス〉Breton)
馬の一品種。フランス、ブルターニュ地方原産。体高160センチメートル程度、体重700~1000キログラムの大型馬。がっしりとした体格で、筋肉の発達がよく、主に馬車馬や農耕馬として用いられる。やや小柄なポスティエ‐ブルトン(postier Breton)とトレ‐ブルトン(trait Breton)の2タイプがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ブルトン
円谷プロダクションによる特撮ドラマシリーズ「ウルトラシリーズ」に登場する怪獣。四次元怪獣。初登場作品は『ウルトラマン』。身長60メートル、体重8万トン。砂漠で発見された2つの隕石が合体して怪獣化したもの。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ブルトン【André Breton】
1896‐1966
フランスの詩人,思想家。ノルマンディーのタンシュブレーTinchebrayに生まれ,ブルターニュ幼年時代を過ごしたのち,パリに出る。1913年ごろから象徴派の影響下に詩作品を発表しはじめ,バレリーらに評価される。第1次大戦勃発後,神経科医学生として従軍中にナントバシェと出会い,またアポリネールらと交流を深めるうちに,新しい文学の可能性を確信し,19年アラゴン,スーポーとともに《文学Littérature》誌を創刊。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぶるとん【ブルトン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ブルトン【breton】
ブルターニュ地方の農民の帽子から
ブリムの前部を上に折り返してかぶる帽子。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルトン【André Breton】
1896~1966 フランスの詩人。ダダイスム運動に参加、「シュールレアリスム宣言」によって超現実主義文学運動を先導。詩集「大地の光」、評論集「失われた足跡」、小説「ナジャ」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ブルトン
〘名〙 (breton 「ブルターニュの」の意) 婦人帽の一種。フランスのブルターニュ地方の農民帽から出たもので、大型で前の縁が巻きあがったもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルトン
(André Breton アンドレ━) フランスの詩人・作家。シュールレアリスム運動の主唱者。代表作は超現実的な狂気の世界に生きる不思議な女を描いた「ナジャ」。(一八九六‐一九六六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルトン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブルトンの関連情報

関連キーワード

樋口一葉深刻小説トムソン(Sir Joseph John Thomson)内閣総理大臣フォーレシモンズ(Arthur Symons)スペンサー(Herbert Spencer)[各個指定]芸能部門ピエール キヤール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation