@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブルンナー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブルンナー
Brunner, Emil
[生]1889.12.23. チューリヒ,ビンターツール
[没]1966.4.6. チューリヒ
スイスのプロテスタント神学者。 1924~53年チューリヒ大学教授,53~55年国際基督教大学教授。『神秘と言葉』 Die Mistik und das Wort (1924) で,F.シュライエルマッハーの神学を退け,K.バルトらとともに弁証法神学の流れに属していたが,バルトとはのちに啓示に対する解釈で対立。彼は,物の知と人の知の間の根本的差が聖書での啓示概念の鍵をなすとした。ほかに『媒介者』 Der Mittler (27) ,『自然と思想』 Natur und Gnade (34) ,『人間』 Der Mensch im Widersprach (37) ,『教義』 Dogmatik (3巻,46~60) ,『永遠』 Das Ewige als Zukunft und Gegenwart (53) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルンナー
Brunner, Heinrich
[生]1840.6.21. ウェルス
[没]1915.8.11. バートキッシンゲン
オーストリアの法制史学者。ウィーンで T.ジッケルらに学び,レンベルクプラハシュトラスブルクの各大学教授を歴任。 1873~1915年ベルリン大学教授をつとめ,歴史法学派の成果に基づき,中世法制史研究にすぐれた業績を残した。主著は古ゲルマンとフランク王国時代の法制を扱った『ドイツ法制史』 Deutsche Rechtsgeschichte (2巻,1887~92) で,今日なお古典的価値を失わない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ブルンナー(Emil Brunner)
[1889~1966]スイスのプロテスタント弁証法神学者。チューリヒ大学教授。神と人との出会いの真理提唱。1953~55年、国際キリスト教大学教授として滞日。日本における民主主義のキリスト教的基礎づけを説いた。著「出会いとしての真理」「教義学」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ブルンナー Brunner, Emil
1889-1966 スイスのプロテスタント神学者。
1889年12月23日生まれ。チューリヒ大教授。バルトらと弁証法神学を推進。のちバルトと自然神学論争をおこし決別した。昭和24年来日し,28年から2年間国際基督(キリスト)教大の客員教授をつとめた。1966年4月6日死去。76歳。著作に「出会いとしての真理」「教義学」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ブルンナー【Emil Brunner】
1889‐1966
スイスのプロテスタント神学者。20世紀のキリスト教思想界をリードした弁証法神学創始者のひとり。1924‐53年チューリヒ大学の組織神学および実践神学の教授,同大学総長もつとめた(1942‐44)。クッターH.Kutter,ラガーツL.Ragazらの宗教社会主義の影響下に思想形成を始め,やがてシュライエルマハー以来の人間中心,体験重視の近代神学を批判して,K.バルトらとともに神中心の啓示神学を唱導した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブルンナー【Heinrich Brunner】
1840‐1915
オーストリア出身のドイツの法制史学者。ウィーン大学で法学と歴史学を学び,ドイツに留学してG.ワイツについて国制史を研究したのち,1866年レンベルク大学員外教授(1868年正教授),70年プラハ大学,72年シュトラスブルク大学,74年ベルリン大学教授を歴任。ドイツの法制史学界で指導的な地位を占め,新しい理論が彼の概説書に採用されると,その理論は通説の地位を与えられるといわれ,〈通説作成者〉の名もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブルンナー【Otto Brunner】
1898‐1982
ドイツの歴史家。オーストリアのメードリングに生まれ,ウィーン大学に学ぶ。1929年ウィーン大学私講師,41年同教授。一時教職を離れたのち,54年からハンブルク大学教授となる。戦後ドイツ史学の一潮流である社会史的国制史研究の開拓者。代表作《ラントヘルシャフト》(1939)は,ドイツ中世国家史に関する19世紀以来の〈古典学説〉を実証的にも理論的にもくつがえし,近代国家と異なる新しい中世的政治社会の構造を明らかにした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ブルンナー【Emil Brunner】
1889~1966 スイスの神学者。弁証法神学の代表者の一人。一九世紀の自由主義神学に対し、神の啓示と人格的出会いを強調した。著「教義学」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブルンナー
ぶるんなー
Emil Brunner
(1889―1966)
スイスのプロテスタントの神学者。12月23日チューリヒの東北ウィンタートゥールに生まれる。大学卒業後イギリスで高校教師をしたのち、1924年からチューリヒ大学の組織神学と実践神学の教授。バルトらの初期の弁証法神学の運動に参加、シュライエルマハーを批判した『神秘主義と言葉』(1924)を発表した。自然神学の可否をめぐってバルトと論争し、神と人間の結合点として理性を認めた『自然と恩寵(おんちょう)』(1934)を刊行、バルトから『否(ナイン)』という論文で反論を受けた。以来バルトとしばしば論争し、バルトの敵(かたき)役との見方もある。実践的宣教活動にも熱意をもち、1953~1955年(昭和28~30)には来日して国際基督(キリスト)教大学教授として教え、広い影響を与えた。『出会いとしての真理』(1938)、『教義学』全3巻(1946~1960)など多くの著書を残した。4月6日チューリヒにて死去。[小川圭治]
『E・ブルンナー著、後藤安雄訳『弁証法神学序説――体験・認識及び信仰』(1935・岩波書店/1973・福村出版) ▽弓削達訳『聖書の「真理」の性格――出会いとしての真理』(1950/訂正版・1956・日本基督青年会同盟) ▽ブルンナー著、大木英夫訳『我は生ける神を信ず――使徒信条講解説教』(1962・新教出版社) ▽エーミル・ブルンナー著、川田殖・親之訳『キリスト教と文明の諸問題』(1982・新教出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ブルンナー
生年月日:1898年4月21日
西ドイツの歴史家
1982年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルンナー
生年月日:1840年6月21日
オーストリアの法制史学者
1915年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ブルンナー
(Emil Brunner エミール━) スイスのプロテスタント神学者。弁証法的神学運動の推進者の一人。昭和二八年(一九五三)来日し、国際基督教大学で教鞭をとった。(一八八九‐一九六六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ブルンナー
Emil Brunner
1889〜1966
スイスのプロテスタント神学者
鋭い現実感覚からバルトとともに弁証法神学を創始し,現代キリスト教思想に大きな影響を与えた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルンナー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブルンナーの関連情報

関連キーワード

森鴎外内閣総理大臣饗庭篁村黒田清隆内閣ゴッホ嵯峨の屋お室スベルドラップ(Johan Sverdrup)広島(市)森有礼宇治

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation