@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブルンヒルデ

世界大百科事典 第2版

ブルンヒルデ【Brunhilde】
550ころ‐613
フランク王国アウストラシア分国王ジギベルトの。西ゴート王家出身。ブルニヒルデBrunichildeとも呼ばれる。妹ガルスビントもネウストリア分国王ヒルペリヒの妃となったが,妾フレデグンデFredegunde(550ころ‐597)に暗殺された。王妃となったフレデグンデとブルンヒルデとの対立が動乱の原因となる。子ヒルデベルト2世および孫テウデベルト2世の後見人としてアウストラシアの実権を握る。貴族勢力に追われ,孫のブルグント分国王テウデリヒ2世のもとで再び権勢の座に就く。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブルンヒルデ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブルンヒルデの関連情報

関連キーワード

馬力質問紙法楊玄感クロタール2世ブルンヒルダ楊玄感ジゲベルト2世水の三重点可視光線

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation