@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブルーナイル川【ブルーナイルがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブルーナイル川
ブルーナイルがわ
Blue Nile
アラビア語ではアズラク川 Al-Bahr al-Azraq。青ナイル川ともいう。全長 1600km。エチオピア北西部のタナ湖の南,標高 1800mの泉に水源を発し,最初はアバイ川と呼ばれ,チョーケ山脈を迂回して南東,南,西に流れを変える。スーダンに入ってからは,北西に流れて,首都ハルツームホワイトナイル川と合流し,ナイル川本流をつくる。洪水期には,ハルツームでのナイル川の流量の 70%をこの川が占める。 1925年に始ったジャジーラ (ゲジラ) 計画で建設されたスーダンのサンナールやルサイリスのダムにより,ホワイトナイル川との間のジャジーラ平原の 8100km2の土地が灌漑され,一大綿花地帯となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルーナイル川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブルーナイル川の関連情報

関連キーワード

死海ピーリー・レイス紅海死海青ナイル川紅海白ナイル川

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation