@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブルーノ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブルーノ
Bruno
[生]925. ケルン
[没]965.10.11. ランス
ドイツの聖職者聖人。ドイツ王ハインリヒ1世の子,オットー1世の学問に秀で,951年司祭,953年ケルン大司教。また同年ロレーヌ公となって政治家としても手腕発揮,よくを助けた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルーノ
Bruno, Giordano
[生]1548. ノラ
[没]1600.2.17. ローマ
後期ルネサンス哲学者。 1565年聖ドミニコ修道院に入ったが,当時の自然哲学者の説に接し,次第に異端的傾向を強めた。 76年身の危険を避けるために修道院を脱出し,92年ベネチアで逮捕されるまでヨーロッパを遍歴。彼は神の実在を確信し,神は自然や人間すべてに浸透しつつ,これを包括している全体,無限な広がりとしての宇宙,その動因としての宇宙霊であると説いた。また自然世界をアトムの集合体としてとらえた彼の宇宙観は近代的宇宙観の先駆主著『原因・原理・一者』 De la causa,principio et uno (1584) ,『無限,宇宙と諸世界について』 De l'infinito,universo et mondi (84) ,『最小者論』 De triplici minimo (91) ,『モナド論』 De monade numero et figura (91) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ブルーノ(Giordano Bruno)
[1548~1600]ルネサンス期イタリアの哲学者。欧州諸国を遍歴、唯物論的自然観汎神論にたち、スコラ主義・キリスト教を鋭く批判したため、絶えず迫害され、異端者として火刑に処せられた。「原因と原理と唯一者について」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ブルーノ【Giordano Bruno】
1548‐1600
後期ルネサンス・イタリアの哲学者。南イタリアのノラ(ナポリ近郊)に生まれる。17歳でナポリのドミニコ会修道院に入り,修道士となったが,異端の嫌疑をかけられて,1576年修道院から逃亡,以来15年余を北イタリアからジュネーブ,パリ,ロンドン,ウィッテンベルクプラハフランクフルトと放浪の旅を続けた。91年イタリアに戻ったが,ベネチアで捕らえられ,翌年異端審問所に引き渡された。8年余を獄中に過ごし,1600年2月17日,ローマのカンポ・ディ・フィオーリ広場で火刑にされ,〈宣告を受けているわたくしよりも,わたくしに宣告を下しているあなた方のほうが,真理の前に恐れおののいているのではないか〉という言葉を残して,悲劇的生涯を終えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぶるーの【ブルーノ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ブルーノ【Giordano Bruno】
1548~1600 イタリア、ルネサンス期の思想家。クザーヌスの宇宙無限説とコペルニクスの地動説を結合、無限の宇宙における無数の世界(太陽系)の存在・生成消滅を主張。また、物質の極小の単位として不滅の単子の存在を唱え、近代の宇宙論、原子論への布石となった。著「原因、原理および一者について」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブルーノ
ぶるーの
Giordano Bruno
(1548―1600)
イタリア・ルネサンス期の哲学者。ナポリに近いノラに生まれる。1563年ドミニコ会に入会、まずトマス・アクィナスの思想を学ぶが、ライムンドゥス・ルルスの記憶術にも興味をもち、とくに古代やテレジオの自然主義から強い影響を受ける。異端の疑いで裁判にかけられることになって修道院を逃亡し(1576)、イタリア各地をはじめ、スイス、フランス、イギリス、ドイツを遍歴。とくにロンドン滞在中には、『無限、宇宙と諸世界について』(1584)などイタリア語で書かれた代表作を矢つぎばやに出版する。1591年イタリアに帰り、1592年ベネチアで訴えられ、1593年ローマに送られて、8年間の獄中生活のすえ火刑台上で死んだ。
 彼は、コペルニクス説に基づいて、宇宙には固定した中心はないとし、際限のない空間で、数限りのない世界(天体)が運動しているとする。さらに事物の内的構成にかかわる「原理」と外的力としての「原因」を区別し、無限な宇宙の第一原因として、すべてをつくり動かすと同時に、形相原理として、質料原理に形を与える宇宙霊を考える。この宇宙霊によってまとまりをもつ無限な宇宙を、神の足跡、神の展開とみなしている。したがって、ブルーノによる宇宙無限性の追求は、神の探求と解することができよう。人間は認識の力をもち、宇宙の事物を理解することができるために、神の影とよばれる。[大谷啓治]
『清水純一訳『無限、宇宙と諸世界について』(1967・現代思潮社) ▽清水純一著『ジョルダーノ・ブルーノの研究』(1970・創文社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ブルーノ
(Giordano Bruno ジョルダーノ━) イタリアの哲学者。コペルニクス説に基づいて、宇宙の無限と地動説を唱え、反教会的な汎神論的神学を主張。異端審問にかけられ火刑に処せられた。著「原因と原理と唯一者について」。(一五四八‐一六〇〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ブルーノ

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルーノ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブルーノの関連情報

関連キーワード

ヨハネス13世サンチョ1世前蜀後蜀サンチョ1世(肥満王)レオ8世丁朝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation