@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブルーム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブルーム
Bloem, Jacobus Cornelis
[生]1887.5.10. オウツフールン
[没]1966.8.10. カレンベルヘ
オランダの詩人。ホイヘンス賞 (1949) ,ホーフト賞 (53) ,オランダ文学大賞 (65) などを受賞。代表作『願望』 Het verlangen (21) ,『日暮れ』 Avond (50) ,『離別』 Afscheid (57) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルーム
Brome, Richard
[生]?
[没]1652頃
イギリスの劇作家。ベン・ジョンソンの従僕あるいは秘書をつとめた。『町の才人』 The City Wit (1628) など,写実的な喜劇を書いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルーム
Broom, Robert
[生]1866.12.30. スコットランド
[没]1951.4.6. ヨハネスブルク
イギリスの人類学者,古生物学者。グラスゴー大学卒業後,南アフリカ共和国に渡り,ビクトリア大学教授,のちトランスバール博物館員。 1924年 R.ダートがタウングで発見したアウストラロピテクス類がヒト科の動物であることを支持して,猿人化石の探索に努め,助手 J.ロビンソンとともにプレシアントロプス・トランスバーレンシス (1936) ,パラントロプス・ロブストゥス (38~41) ,パラントロプス・クラシデンス (49) などを発見。主著"The South-African Ape-Man" (46) ,"The Genera and Species of the South African Fossil Ape-Man" (50) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルーム
Brougham, Henry Peter
[生]1778.9.19. エディンバラ
[没]1868.5.7. カンヌ
イギリスの政治家。『エディンバラ・レビュー創刊者の一人。 1810年下院に入る。ホイッグ党左派に所属,法制改革などに努力した。 C.グレー内閣の大法官となり,ロンドン大学創設にも参画した。彼が初めて使用した1頭立ての四輪箱馬車は,その名前を取って broughamと呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルーム
Brougham, John
[生]1814.5.9. ダブリン
[没]1880.6.7. ニューヨーク
アイルランド出身の俳優,劇場支配人,劇作家。初めロンドンでデビュー,1842年アメリカに渡り,ニューヨークの舞台で喜劇的なアイルランド人を演じた。またロンドンのライシアム劇場を皮切りにニューヨーク劇場支配人として活躍したほか翻案劇笑劇などを多数執筆した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルーム
Broome
オーストラリア,ウェスタンオーストラリア州北部,パースの北 2200kmにある港町。 20世紀初め,日本人はじめアジア人による真珠採取でにぎわったが,1930年代から衰退し,現在はキンバリー高原西部の牛肉集散輸出依存人口 5778 (1986) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルーム
Bloom, Benjamin Samuel
[生]1913.2.21.
[没]1999.9.13.
アメリカの教育学者。カリキュラム研究者として著名。学習到達の程度と内容を測定するために,認知的領域と情緒的領域から精細な教育目標を定式化した「教育目標の分類学」は,各国の教育界に大きな影響を与えた。これを基礎にマスタリー・ラーニングと呼ばれる学習・評価の理論を発展させた。また,ユネスコ派遣コンサルタントとして各国教育行政を援助するとともに,就学前教育の重要性と潜在カリキュラム研究の必要性を強調するなど,現代教育の問題に関して活発に発言している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルーム
Bloom, Allan
[生]1930.9.14. インディアナ,インディアナポリス
[没]1992.10.7. シカゴ
アメリカの哲学者,著述家。シカゴ大学でドイツ生れの政治哲学者,レオ・シュトラウスの指導を受け,西洋古典の研究に専念した。シカゴ大学,エール大学,コーネル大学の教授を歴任し,イスラエルやフランスなど,外国の大学でも教壇に立った。話題となったベストセラー『アメリカン・マインドの終焉 文化と教育の危機』 The Closing of the American Mind: How Higher Education Has Failed Democracy and Impoverished the Souls of Today's Students (1987) の著者として,またプラトンルソーの翻訳者として知られる。 1969年にコーネル大学の学生がいくつかの必須科目を廃止し自分たちに「関係の深い」科目を取入れることを要求して大学本部を占拠したのに対し,大学当局が屈したことに不満をいだいて辞任した。ブルームは大学がもはや学生に思考の方法を教えていないとその著書のなかで痛烈に批判している。教育危機の原因として,誤った考え方に基づくカリキュラムやロックやテレビの悪影響,大学のエリート主義をあげている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ブルーム(bloom)
《花・開花のチョコレート表面に浮き出た白い粉。また、キュウリなどの表面の白い粉。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルーム(broom)
ほうき。特に、カーリングで使うものをいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルーム(Broome)
オーストラリア、西オーストラリア州北部の港町。インド洋に面する。20世紀初頭に日本人などのアジア人が真珠養殖に携わった。チャイナタウン、日本人墓地、日本人移民の暮らしを紹介するブルーム博物館がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

ブルーム
風解(efflorescence)のこと.一般に個々の生物種の生産量に季節変化が見られる場合の生産の極大をいう[地学団体研究会 : 1994].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ブルーム

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ブルーム【Henry Peter Brougham,1st Baron of Brougham and Vaux】
1778‐1868
イギリスの政治家,法律家。スコットランドの出身でエジンバラ大学に学び,弁護士を開業。文才にも恵まれて《エジンバラ・レビュー》の創刊に参加。1803年,イングランド法曹界のを獲得,05年,居をロンドンに移した。10年に下院議員となり,容赦のない執拗な弁舌で奴隷貿易に反対し,神聖同盟を論難するなど,ジェントルマンらしからぬ特異な急進主義者として議会内外に知られた。教育と法制度の改革にも熱心で,労働者教育の振興,裁判機構の合理化を主張し,28年には,ジェームズ・ミルらとともにロンドンに最初の市民大学(後のロンドン大学)を設立した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブルーム【Robert Broom】
1866‐1951
イギリスの人類学者。南アフリカ共和国で医業のかたわら古生物学を研究していたが,やがてビクトリアカレッジの地質学・動物学の教授になった。69歳からあとはトランスバール博物館に属し,アウストラロピテクス化石発見の意義を認められずにいたR.ダートを支援する意欲に燃えて,猿人化石の発見に努力した。まず1936年から38年にかけて,住民の協力のもとに発見された化石にもとづき,スタークフォンテイン出土のアウストラロピテクス(のちにプレシアントロプスに改名)・トランスバーレンシスと,クロムドラーイ出土のパラントロプス・ロブストゥスを記載した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブルーム【Robert Blum】
1807‐48
ドイツの革命家。ケルンの貧民階層の家に生まれ,さまざまな職業を経たのち,1832年から劇場事務員としてライプチヒに定住する。40年代からはみずから出版社を興して新聞・雑誌の編集,発行に携わるとともに,文筆活動にも従事し,ザクセンにおける民主主義運動の中心人物となり,絶大な大衆的人気を博す。48年革命に際してはライプチヒからフランクフルト国民議会に選出される。同議会内での政治的立場は穏健左派であったが,同年10月のウィーン蜂起に際して議会内左派の代表団の一人としてウィーンに赴き,蜂起したウィーン・プロレタリアートを見捨てることなく最後までその地にとどまり,11月9日軍事裁判により銃殺刑に処される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ブルーム【bloom】
製鋼の圧延工程の中間製品の一。大型の鋼片。角形の断面をもつ。
果物や野菜などの表面に表れる白い粉状の物質。果粉。蠟粉ろうふん

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルーム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブルームの関連情報

関連キーワード

東京芸術大学120周年国民之友雑誌新島襄ピッツバーグ・パイレーツ[各個指定]芸能部門オストワルト巨文島事件三大事件建白運動

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation