@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブレイブブロッサムズ【ぶれいぶぶろっさむず】

知恵蔵mini

ブレイブブロッサムズ
ラグビー日本代表の愛称。勇敢な(Brave)木に咲く花(Blossoms)の味で、ユニフォームに付けられた桜(チェリー・ブロッサム)のエンブレムにちなむ。2003年の第5回ラグビーワールドカップ(オーストラリア大会)における日本代表の善戦を地元タウンズのファンが称えて呼び始めたとされる。15年9月20日(日本時間)、ワールドカップ2015で世界ランキング3位の南アフリカを破る大金星を挙げたことで、海外メディアがこぞってこの名称を用いた。
(2015-9-30)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ブレーブ‐ブロッサムズ(Brave Brossoms)
ラグビー日本代表チームの愛称。「勇敢な桜の戦士たち」の意。
[補説]2003年開催のワールドカップ(W杯)オーストラリア大会において、スコットランド戦での健闘を称え地元紙で表現されたことからといわれる。それまでは、ジャージーについた桜のエンブレムから「チェリーブロッサムズ」とよばれていた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブレイブブロッサムズ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブレイブブロッサムズの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation