@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブレスト・リトフスク条約【ブレストリトフスクじょうやく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブレスト・リトフスク条約
ぶれすとりとふすくじょうやく

1918年3月3日ベロルシア(現ベラルーシ)のブレスト・リトフスクでソビエト政府がドイツ、オーストリア・ハンガリー、トルコなど同盟国側と結んだ単独講和条約。

 ロシア革命後、ソビエト政府は、すべての交戦国に無併合、無償金、民族自決を原則とする講和を訴えた。しかし、協商国側はこれに応ぜず、ドイツ側だけが応じた。1917年12月22日に開始された交渉は、ドイツ側の過大な領土要求のために難航した。18年1月に、いったん首都へ戻った全権代表トロツキーは「戦争もしないが、講和も結ばない」という交渉引き伸ばし案を打ち出した。これに対し、ブハーリンらはドイツ革命を誘発させるための徹底抗戦を主張、レーニンはロシア革命の「息継ぎ」のために即時講和を主張した。1月21日のボリシェビキ党幹部会ではブハーリン派が多数であったが、24日の党中央委員会ではトロツキー案が通った。この引き伸ばしの間に、ブレスト・リトフスクでのドイツ側の態度を非難しソビエトを支持する気運が、東・中欧および西欧に広がったが、2月18日ドイツ側は対ソ攻撃を再開した。同日夕方のボリシェビキ党中央委員会では、トロツキーが意見を変えたためにレーニン案が勝利し、夜の人民委員会議で講和条件受諾が決定された。しかし、その間にドイツ側の講和条件はより過酷になっていた。3月3日に調印された講和は、3月6~8日のボリシェビキ党第7回大会で承認され、16日には第4回全ロシア・ソビエト大会で批准されたが、これはボリシェビキ党内の分裂のみならず、左派SR(エスエル)の離反をも招いた。講和により、ロシアはポーランド、バルト海沿岸、ベロルシアの一部、ザカフカスの一部を放棄し、ウクライナの独立を承認し、有力な穀倉地帯や工業中心地を失った。またこれにより、東・中欧の革命運動はロシアから分断された。しかし条約自体は、ドイツの敗戦後に破棄され、ベルサイユ条約によって失効が確認された。

[南塚信吾・羽場久浘子]

『E・H・カー著、宇高基輔訳『ボリシェヴィキ革命 1917―1923 第三巻』(1971・みすず書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブレスト・リトフスク条約」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブレスト・リトフスク条約の関連情報

関連キーワード

ロシア革命史(年表)牧野省三東欧史(年表)ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動第1次世界大戦芥川龍之介

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation