@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブレーメル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブレーメル
Bremer, Fredrika
[生]1801.8.17. オーボ
[没]1865.12.31. ストックホルム,オールスタ
スウェーデンの女流作家。婦人解放運動の指導者。フィンランドの富裕な商人の娘に生れ,3歳のとき一家でスウェーデンに移住した。 1828年社会運動の基金づくりのため出版した短編集『日常生活点描』 Teckninger utur hvardagslivetが好評を博し,作家を志し,ベンサム,ミルの影響を受けた。 49年から2年間アメリカ各地を旅行。婦人問題とともに児童教育の機会均等化にも関心が深かった。代表作,小説『隣人たち』 Grannarna (1837) ,『家庭』 Hemmet (39) ,『兄弟姉妹』 Syskonlif (49) ,旅行記『新世界における家庭』 Hemmen i den nya världen (53~54) など。また 51~61年には,スイス,イタリア,近東を視察旅行,『旧世界の生活』 Lifvet i gamla världen (6巻,60~62) にまとめた。死後,全国の女教師が中心になり,「ブレーメル協会」が設立された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブレーメル
ぶれーめる
Fredrika Bremer
(1801―1865)
スウェーデン(フィンランド生まれ)の女性作家。1828年の処女作ののち、一家の所有地の農民たちを素材に書き続けた物語集『日常生活スケッチ集』で知られる。旅行記作家としても優れ、イギリス、ヨーロッパ、近東諸国の紀行のほか、ことに妹あて書簡体の『新世界の家庭』3巻(1853~54)は、アメリカ人の生活に直接入って、その日常生活を内部から描いたもので、高く評価される。社会問題への関心が強く、女性運動の先駆者でもある。[田中三千夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブレーメル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブレーメルの関連情報

関連キーワード

享和パーベル1世山東京伝辛酉教獄植崎九八郎歌川豊広神田厚丸喜多川歌麿桜川慈悲成昇亭北寿

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation