@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブロイヤー

世界大百科事典 第2版

ブロイヤー【Marcel Lajos Breuer】
1902‐81
アメリカの建築家。ハンガリーのペーチュ生れ。ドイツに行きバウハウスに学び,ついで同校教師となる。この間,スチール・パイプ椅子(1925)を発表。1928年グロピウスとともにバウハウスを去り,やがてイギリスを経て37年アメリカに移り,はじめグロピウスと共同で,後に単独で事務所を開く。また,ハーバード大学でグロピウスとバウハウス流の建築,造形教育を行った。自邸(1947)に見られるように国際様式建築典型を造るが,ニューヨークのホイットニー美術館(1966)など後期作品には,さらに大胆自由な造形が見られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブロイヤー
ぶろいやー
Marcel Breuer
(1902―1981)
ハンガリー出身のアメリカの建築家、家具デザイナー。ベッチに生まれる。ドイツに出てデッサウのバウハウスの第一期生(1920~25)として学ぶ。そこで教師となり、以後グロピウスと生涯の行をほぼともにする。バウハウスでは家具デザインを担当し、鋼パイプや成型合板による有名な一連の椅子(いす)を考案。1928年デッサウからベルリンに行き、設計事務所を開くが、ナチスの台頭でロンドンに亡命、37年グロピウスによばれて渡米、彼の下でハーバード大学建築科で教鞭(きょうべん)をとった。46年ニューヨークに進出、構造躯体(くたい)を建築の表現基盤とする傾向など、近代デザインを代表する存在として国際的になる。ニューヨークに没。主要設計にパリのユネスコ本部(1957、ネルビ、ゼールフュスと共同)、ミネソタ州カレッジビルのセント・ジョン教会(1961)、ニューヨーク大学(1961)、ニューヨークのホイットニー美術館(1966)などがある。[高見堅志郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブロイヤー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブロイヤーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation