@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブロイラー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブロイラー
Bleuler, Eugen
[生]1857.4.30. チューリヒ近郊ツォリコン
[没]1939.7.15. チューリヒ近郊ツォリコン
スイスの精神医学者。チューリヒ大学教授。ウィルヘルム・ブントの実験的アプローチとジグムント・フロイトの精神分析との融合を試み,その立場は連合心理学的であった。早発性痴呆症 (→早発痴呆 ) に代わって統合失調症という概念を初めて導入し,またパラノイアにおける自閉的思考の役割などを研究した。主著『早発性痴呆または精神分裂病群』 Dementia Praecox oder Gruppe der Schizophrenien (1911) ,『精神医学概論』 Lehrbuch der Psychiatrie (1916) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブロイラー
broiler
肉用鶏の一種語源はアメリカで肉用鶏をロースター (大型) ,フライヤー (中型) ,ブロイラー (小型) と分類したところからきているが,現在では肉用鶏の一種の呼称となり,第2次世界大戦後,日本でも広く普及している。在来の肉用鶏の品種産卵能力が劣り,の生産費が高くつく欠陥があって,副業的な小規模経営にすぎなかったが,近年は改良や合理化により大規模化が進んだ。ブロイラーは小型で,じか焼用に適し,2ヵ月程度で体重は 1350gぐらいになり,生産費の安いのが特徴。日本での肉用鶏の生産は 1979年には 65年の 6.9倍に達している。 91年の飼養戸数約 5083戸で,生産数は約1億 4274万羽。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ブロイラー(broiler)
肉をあぶり焼きにする器具。
ブロイル(丸焼き)に適する食肉用の若鶏(わかどり)。日本では、養鶏のひなをほとんど運動させずに、配合飼料で40~70日間てたものをいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブロイラー(Eugen Bleuler)
[1857~1939]スイスの精神医学者。フロイトの精神分析を取り入れて精神病を研究した。スキゾフレニア(精神分裂病、現統合失調症)という病名の提唱者。アメリカ精神医学で統合失調症の基本症状の四つとされている連合弛緩、感情障害、自閉、両価性を挙げた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ブロイラー
 肉用に育種したニワトリ

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ブロイラー【broiler】
体重2.6kg以下で,10週齢以内の肉用若鶏のこと。あぶり焼きbroil用の若鶏の意味で,元来アメリカでは食鶏の規格を体重別にロースター,フライヤー,ブロイラーと3段階にわけ,ブロイラーはもっとも小型で体重1.35kg以下とされていたが,現在では一括してブロイラーと称している。ただし国によって利用のしかたが異なるため,屠殺(とさつ)体重,週齢は異なる。日本では正肉としての利用が盛んなので大きく,体重2.6kg(約8.5週齢),イギリスや南ヨーロッパでは骨付きの煮込料理用に2.0kg(7週齢),アメリカではフライド・チキン用に1.8kg(6.5週齢),ヨーロッパの大部分ではあぶり焼き用に1.45kg(5.5週齢)で屠殺されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブロイラー【Eugen Bleuler】
1857‐1939
〈精神分裂病Schizophrenie〉という用語を初めて打ち出したスイスの精神医学者。チューリヒ大学で精神科の第3代主任教授を30年間つとめ,多方面に国際的名声を博したが,なかでも1911年刊行の主著《早発痴呆または精神分裂病群》は,E.クレペリンが経過や転帰いかんに即して構成した疾病概念を心理学的な症状論にもとづいて組みかえたものとして,広く深い影響を及ぼした。しかし,それによって精神分裂病の範囲がかなり広まったことも否めない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ブロイラー
〘名〙 (broiler)
① 肉をあぶり焼きにする道具。
② (丸焼きのあぶり肉として売られたので) 食肉用若鶏(わかどり)。七、八週間飼育された、体重一・八キログラム前後のもの。
※洋食考(1970)〈山本嘉次郎〉二「アメリカ式のブロイラーなんか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブロイラー
(Eugen Bleuler) スイスの精神医学者。フロイトの精神分析を取り入れて精神病を研究し、精神分裂病という病名を提唱。(一八五七‐一九三九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブロイラー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブロイラーの関連情報

関連キーワード

インドの大反乱ケクレインド大反乱歌沢大和大掾インド大反乱シュラーギントワイト[兄弟]ビゼーミレーワーグナーガーディナー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation