@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブロック経済【ブロックけいざい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブロック経済
ブロックけいざい
block economy
複数の国々または本国植民地半植民地従属国が形成する一つの経済圏広域経済という語もほぼ同義に使われる。ブロック内の国々の経済利益を守るため,対外的に貿易その他の面で障壁をつくって自由な経済交流を妨げる一方,ブロック内では特恵関税などにより相互の経済関係を強めるよう行動するのが特色。 1930年代には主要商品のブロック内における自給自足をはかる閉鎖的な経済圏がいくつか形成され,相互に政治的,軍事的,経済的に対立した。最近では EUの市場統合,北米自由貿易協定 NAFTAなどがブロック経済を目指すものの例としてあげられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ブロック‐けいざい【ブロック経済】
複数の国々が経済的相互協力の体制を築いて域内における経済交流を促進し、域外諸国には閉鎖的な経済圏のこと。広域経済。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ブロックけいざい【ブロック経済 bloc economy】
一般には,世界経済史上1930年代の大不況期から第2次大戦中にかけて現れた,主要国が自国を中心にいくつかの国によって排他的,閉鎖的なグループをつくり,その中での貿易によって経済を運営しようとした現象のことを指し,経済のブロック化ともいう。1929年に始まる世界的な大不況(いわゆる大恐慌)のなかで,世界各国は不況対策としてきそって関税・数量制限などの輸入制限を強化し,国際収支赤字に悩む多くの国々は金本位制を停止して為替管理を強化した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ブロックけいざい【ブロック経済】
政治上の同盟国や植民地と本国などが一つの経済圏を形成し、圏内で商品市場の確保や原料・食糧供給地の確保などを行うこと。第二次大戦前のイギリス連邦のポンドブロック、戦後の EC など。広域経済圏。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブロック経済
ぶろっくけいざい
bloc economy英語
conomie en blocフランス語
Wirtschaftsblockドイツ語
いくつかの国を経済的に統合して、域内では特恵関税などにより貿易を盛んにし、域外に対しては差別的な高い関税を維持することなどによって一つの経済圏を形成すること。1930年代の世界的な大不況によって世界貿易は大幅な落ち込みをみせたが、それに対処するため、イギリス連邦が32年オタワ協定によって特恵関税を軸とするスターリング・ブロック(ポンド・ブロック)を形成したのがブロック経済の始まりである。それは、域内市場を外国から遮断して国内の不況を和らげることをねらったものであった。その後、これに対抗してドイツも、同様の構想のもとに東南ヨーロッパ諸国と双務的な清算協定を結んで、広域経済化を進めた。また、フランスを中心とする金ブロック、アメリカを中心とするドル・ブロック、日本を中心とする円ブロックなど、通貨ブロックが次々に形成された。これら排他的なブロック経済は、多角的な自由貿易を破壊するものであり、ブロック相互の間の政治的・経済的な摩擦を強め、第二次世界大戦を引き起こす一つの遠因となった。[志田 明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ブロック‐けいざい【ブロック経済】
〘名〙 政治上の同盟国や、本国と植民地などが結びついて一つの経済圏を作り、重要物質の自給自足、商品市場の確保などを図ること。広域経済。
※ダイヴィング(1934)〈舟橋聖一〉三「ブロック経済の主張」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ブロック経済
ブロックけいざい
独占資本主義諸国が恐慌克服のため,自国を中心に勢力範囲を結合して設定した排他的封鎖的経済
世界恐慌後,資本主義列強は植民地や従属国家を糾合して特恵関税や双務的清算協定を結び,景気変動に対応した。イギリスは1932年保護関税政策を採用し,同年カナダのオタワでイギリス連邦経済会議を開いてスターリング−ブロックを設定,ドイツは東南欧と組んで広域経済圏を,日本は大東亜共栄圏をつくってアメリカ・イギリスのブロックと競い合った。第二次世界大戦の原因の1つとなった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブロック経済」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブロック経済の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation