@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブロートン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブロートン
Broughton, Jack
[生]1704頃
[没]1789.1.8. ロンドン
イギリスのプロボクサー。本名 John Broughton。イギリスの第3代チャンピオン。初のボクシングルールであるブロートンルールを考案し,マフラーという近代ボクシングのグラブの原型を発明した。港湾労働者からボクサーに転向し,トム・パイプスとビル・グレッティングを制して王座を獲得した。名声が高まり,カンバーランド公ウィリアム・オーガスタス(四十五年の反乱の鎮圧者)が後援者となったが,1750年にジャック・スラックに敗れ,その支持を失った。1742年ロンドンのハンウェイ通りでボクシング・ジムを開き,死去するまで指導と運営に携わった。1743年に設定されたブロートンルールは,1838年にロンドン・プライズリング・ルールが登場するまで適用された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ブロートン Broughton, William Robert
1762-1821 イギリスの探検家。
海軍軍人。プロビデンス号艦長として北太平洋とアジア大陸沿岸の調査にあたる。寛政8年(1796)蝦夷(えぞ)地(北海道)内浦湾を測量,絵鞆(えとも)(室蘭)に寄港。翌年琉球諸島宮古島沖で艦が難破,那覇(なは)港をへて絵鞆を再訪した。1804年「北太平洋発見航海記」を刊行。付録には日本,琉球,朝鮮の語彙(ごい)が採録されている。1821年3月12日死去。59歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブロートン
ぶろーとん
William Robert Broughton
(1762―1821)
イギリス海軍大佐。1762年5月22日イギリスで生まれた。母方の祖父は男爵。イギリス海軍に入り、1790年観測船チャタム号の艦長となり、アメリカ西北岸探検航海に参加。翌年11月、ニュージーランド東方800キロメートルの南太平洋にある火山島をヨーロッパ人で最初に発見し「チャタム諸島」と命名、イギリス領土とした。さらに、1792年11月、北米コロンビア川を遡って調査を実施。1793年巡洋艦プロヴィデンス号艦長に任ぜられ、1796年9月15日(寛政8年8月14日)室蘭沖に来航し松前藩役人と会見したうえで退去した。その後、マカオを根拠として日本列島沿岸の調査をおこなったが1797年プロヴィデンス号は沖縄宮古島沖で座礁しその後、小型船で調査を続行し1799年2月帰国した。『プロビデンス号北太平洋探検航海記』(久末進一訳・1992)は琉球、朝鮮および日本の方言に言及し貴重な史料となっている。1821年3月12日イタリアのフィレンツェで死去。行年58歳。[武内 博]
『吉町義雄著「ブロートンの蝦琉鮮日語例」(市河博士還暦記念会編『市河博士還暦祝賀論文集 第2輯』所収・1947・研究社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブロートン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブロートンの関連情報

関連キーワード

フランス革命宝永河東節下駄喜多川歌麿曲芸ベルサイユ細田栄之ルフェーブル(Georges Lefebvre)ワシントン(George Washington)

他サービスで検索

「ブロートン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation