@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブローニング

デジタル大辞泉

ブローニング(Browning)
アメリカ人J=M=ブラウニング(1855~1926)が発明した自動式拳銃

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ブローニング【Browning】
アメリカのブラウニング(John Moses B.1855~1926)が発明した自動式ピストル。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブローニング
ぶろーにんぐ
John Moses Browning
(1855―1926)
アメリカの銃器設計者。数多くの自動装填(そうてん)方式の銃器を発明した。ユタ州オグデンの銃器職人の子に生まれる。25歳のときガス圧利用の新型自動装填式銃を発明して有名になった。1885年に銃身後退式自動散弾銃を発明、ベルギーのファブリックナショナル(FN)銃器会社(現、FNハースタル)で製造して世界中に販売した。さらに自動小銃、自動拳銃(けんじゅう)、機関銃を発明、近代自動銃器の父といわれた。コルト自動拳銃も彼の発明によるものであり、現代でも彼の発明した自動装填方式は世界中で応用されている。[小橋良夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ブローニング
〘名〙 (Browning 発明者の名から) 自動式散弾銃の一種。ベルギーのファブリックナショナル銃器会社で製造、世界中に販売された。
※酔狂者の独白(1927)〈葛西善蔵〉「あのブローニングとか何んとかいふやつがあったならば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブローニング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブローニングの関連情報

関連キーワード

アサヒ号 AA型 二輪車陸王大型オ-トバイアルゴンアンドロステロンインド美術マウリヤ朝ミトラダテス3世シュンガ朝iPadアルゴン(データノート)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation