@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブーア人【ぶーあじん】

世界大百科事典 第2版

ぶーあじん【ブーア人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブーア人
ぶーあじん
Boer
南アフリカ共和国のオランダ系白人。ブール人ともいい、現在はアフリカーナーAfrikanerとよばれている。同国の白人544万人(1998推計)のうち約60%を占める。歴史的には、17世紀中ごろオランダ東インド会社がつくったケープ植民地に、本国オランダから入植した移民で、農民(ブーア)出身が多かったことからこうよばれる。19世紀初めのイギリスのケープ植民地化とイギリス支配に反対して1835年大挙して内陸に移動(グレート・トレック)し、トランスバール共和国とオレンジ自由国の二つのブーア人共和国を建国した。1880年代トランスバールで金の富鉱が発見されたことを契機に、イギリスが同国の併合をねらってブーア戦争を起こし、ブーア人共和国は敗れて、1910年イギリスは南アフリカ連邦を結成。しかし連邦結成後もブーア人のイギリス人に対する反感は強く、ブーア人の文化の保存、権利の確立のため闘った。1910年代の秘密結社ブルーダーボンド(同胞団)の結成はブーア人政党である国民党(NP)の支持基盤となり、25年には彼らの言語であるアフリカーンス語(17世紀オランダ語を母体として英語、ドイツ語、フランス語を取り入れた人造語で、南アフリカでのみ通用)を公用語として認めさせた。またブーア人は、プロテスタント系のオランダ改革派教会を信奉し、その強固な選民思想から有色人種を蔑視(べっし)した。1948年に国民党が選挙に勝ち政権の座について以後、一連のアパルトヘイト(人種差別)政策を実施し、国際社会の非難を浴びた。経済的にはブーア人は農場経営に従事していたが、ブーア戦争で農場が戦場化したため都市に流出し貧窮白人層(プアー・ホワイト)となり、彼らを救済することが人種差別政策の目的でもあった。鉱工業の支配権を握るイギリス系白人に対し、政府、公社などの国家資本を通して対抗し、政治上と同時に経済上の支配権も獲得した。[林 晃史]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ブーア‐じん【ブーア人】
〘名〙 (ブーアはBoer) オランダ系の南アフリカ移民。一七世紀中ごろオランダ東インド会社のケープ植民地経営とともに移民。一九世紀初頭、イギリスに居住地を奪われて奥地に向かい、トランスバール共和国・オレンジ自由国を建設。ブーア戦争の結果、イギリスに支配された。現在の南アフリカ共和国の白人の大半を占める。ブール人。ボーア人。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ブーア人
ブーアじん
Boers
17世紀半ばごろから南アフリカに移民したオランダ系住民。ボーア人・ブール人ともいう
オランダ東インド会社の呼びかけで,オランダ農民が南アフリカに移住し,ケープ植民地を建設した。ウィーン会議で同植民地がイギリス領となると,北東方に移動し,トランスヴァール共和国・オレンジ自由国を建設したが,南ア戦争の結果,イギリスの支配下にはいった。その子孫はアフリカーナーと呼ばれ,南アフリカでアパルトヘイト(黒人差別)政策の推進者となっていった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ブーア‐じん【ブーア人】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブーア人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブーア人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation