@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プトレマイオス6世フィロメトル【プトレマイオスろくせいフィロメトル】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プトレマイオス6世フィロメトル
プトレマイオスろくせいフィロメトル
Ptolemaios VI Philomētōr
プトレマイオス朝 6代目の王 (在位前 181頃~145) 。プトレマイオス5世エピファネスの子。母はセレウコス朝から政略結婚で来たクレオパトラ1世。愛母王 (フィロメトル) とも呼ばれる。摂政の母が前 176年に死ぬまで統治は順調であったが,その後は廷臣の影響が強まった。前 173年頃妹クレオパトラ2世と結婚。また前 170年には弟プトレマイオス8世を共同統治者とした。コエレ=シリアに侵入したが,敗れて逆にアンチオコス4世のエジプト侵入 (前 170,前 168) を招いた。これはローマ介入によって解決した。前 164年以来兄弟の間で争いが起り,そこに再びローマの介入を招いた。セレウコス朝の内紛にも巻込まれ,アンチオキア市民の招きで王位僭称者アレクサンドロス・バラスと戦ったが,そのときの落馬がもとで死んだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プトレマイオス6世フィロメトル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プトレマイオス6世フィロメトルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation