@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プフェンダー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プフェンダー
Pfänder, Alexander
[生]1870.2.7. イーゼルローン
[没]1941.3.20. ミュンヘン
ドイツの哲学者。 1908年ミュンヘン大学教授。 E.フッサールの影響を受け,現象学立場から現象学的論理学確立に努めた。また心理学の分野では G.リップスから出発,現象学的方法を導入し,総合的,巨視的心理学を提唱主著意欲の現象学』 Phänomenologie des Wollens (1901) ,『論理学』 Logik (21) ,『性格論の根本問題』 Grundprobleme der Charakterologie (24) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プフェンダー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プフェンダーの関連情報

関連キーワード

フランス史(年表)普仏戦争オリビエ(Emile Ollivier)製糸業日本科学史普仏戦争ナポレオンコッペリアシュトラウス文化闘争

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation