@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プライドの追放【プライドのついほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プライドの追放
プライドのついほう
Pride's Purge
1648年 12月6日,イギリス清教徒革命中の長老派追放事件。第1次内乱終了後,国チャールズ1世との交渉が続くなかで,長老派が多数を占める議会は王との妥協をはかるようになったため,この日独立派の陸軍大佐トマス・プライド部下を率いて下院におもむき,長老派議員 45名を逮捕し,78名を登院停止にした。これ以後長期議会は約 60名の独立派議員だけで構成されることになり,残部議会 (ランプ議会) と呼ばれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

プライドの追放
ぷらいどのついほう
Pride's Purge

イギリスのピューリタン革命において、軍隊が一部の議員を強制的に議会から追放した事件。第一次内戦終了後、1647年になると、軍隊の取扱いをめぐって議会と軍隊の間に対立が生じ、議会内多数派の長老派は内戦終了を理由に軍隊を解散しようとした。これをみた国王は両派およびスコットランドと個別に駆け引きを行い、事態を自らに有利な方向に向けようとしたが失敗し、第二次内戦を引き起こすことになった。態度を硬化させた軍隊は、国王との交渉を打ち切ろうとしたが、長老派が依然国王との和解を望んでいたため、1648年12月6日、プライド大佐を議場に派遣して長老派とみなされた議員をすべて議場から追放した。この結果、事実上70名余りの議員しかもたない残部(ランプ)議会が成立し、国王処刑は避けられない事態となった。(書籍版 1988年)
[小泉 徹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

プライドの追放
プライドのついほう
Pride's Purge
ピューリタン革命中の1648年12月6日,クロムウェル配下のプライド大佐が武力で議会から長老派議員を追放した事件
この結果,議会は独立派議員だけの議会となり,翌年1月国王の処刑が行われた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プライドの追放」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プライドの追放の関連情報

関連キーワード

ル・ナン[兄弟]三十年戦争フロンドの乱クリスチャンルナン八十年戦争シケイラ・デ・ソウザヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群ウィルキンズクリスティアン[4世]

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation