@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プラットフォーム(コンピュータ)【ぷらっとふぉーむ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

プラットフォーム(コンピュータ)
ぷらっとふぉーむ
platform

コンピュータ用語で、コンピュータシステムの基盤そのものを意味する。ハードウェアとしてのコンピュータ本体から、オペレーティングシステム(OS)までを含み、どのような系統に属したコンピュータシステムであるかを明確に分ける場合によく使われる。たとえば、コンピュータはCPU(中央処理装置)やMPUなどの装置や多くの構成部品によって、Windows(ウィンドウズ)やMac OS(マックオーエス)などのOSの種類もあらかじめ決まっている。アプリケーションプログラムapplication programもまた、それぞれのコンピュータで動作するように限定したOS専用につくられている。このような系統や属性が「コンピュータのプラットフォームの違い」とされる。複数の種類のOSで動作するハードウェアやアプリケーションプログラムは、クロスプラットフォームcross platform対応あるいはマルチプラットフォームmulti-platform対応といわれる。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プラットフォーム(コンピュータ)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プラットフォーム(コンピュータ)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation