@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プラトン主義【プラトンしゅぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プラトン主義
プラトンしゅぎ
Platonism
プラトン哲学,およびその伝統。 2400年以上にわたって西洋哲学史に影響を及ぼした。本質的な構成契機は形而上学 (認識論,存在論) と倫理学であり,しかもこの両者が密接に連関しているのが特徴である。この結合はきわめて主知主義的でありながら神秘的傾向も有し,一方では認識論的懐疑論を,他方では神学的傾向を生み出した。プラトン哲学の継承は,直接的にはアカデメイアにおいてなされたが,それはアカデメイアの枠をこえて次のように継承されていった。ローマのキケロやクインチリアヌスら,新プラトン派のプロチノスプロクロスら,アレクサンドリアクレメンスやニッサのグレゴリウスアウグスチヌスらに代表される教父哲学,アルベルツスマグヌスエックハルト,ボナベントゥラらの中世スコラ哲学とフィレンツェを中心とするルネサンス時代の哲学,W.ウィッチコート,H.モーアらのケンブリッジのプラトニスト,そして H.スペンサーや観念論哲学に受継がれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

プラトン‐しゅぎ【プラトン主義】
Platonismプラトンの哲学思想、およびそれを継承して発展させた立場

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぷらとんしゅぎ【プラトン主義】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

プラトンしゅぎ【プラトン主義】
プラトン哲学の思想。移ろい行く現実の根拠・原因として、真に存在するイデアを想定し、これを探求する理想主義。アリストテレス主義と並んで西洋哲学史上最も支配的な傾向の一。
プラトン哲学を継承する、ないしはこれに類似の思想的立場。例えばアカデミー・アレクサンドリア学派・新プラトン学派・ルネサンスの諸アカデミー・ケンブリッジプラトン学派など。
現代哲学では、普遍・命題・数などを独立の対象とみなす立場。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

プラトン‐しゅぎ【プラトン主義】
〘名〙
① プラトン自身の哲学。
② プラトンの学風を継承、発展させた諸学派。古アカデメイア派、新アカデメイア派、新プラトン派、ルネサンスの諸アカデミー、ケンブリッジ‐プラトニストを含む。
③ プラトン風の観念論哲学、理想主義。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プラトン主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プラトン主義の関連情報

関連キーワード

エチオピア(国)ボー重慶日米の北朝鮮人権法戦略攻撃戦力削減条約モスクワ条約米海兵隊家電リサイクル法石炭火力発電皇室費

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation