@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プリアモス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プリアモス
Priamos
ギリシア神話におけるトロイの最後の王。ラオメドンの息子。トロイがヘラクレスに攻略されたとき,父王らは殺されたが,彼は幼かったために命拾いをし,のち王位を継承した。最初,アリスベを妻としたが,のちヘカベに迎え,彼女との間にヘクトルパリス,ポリュドロス,クレウサポリュクセネカッサンドラらをもうけた。トロイ戦争ではヘクトルをはじめ息子たちの戦死にあい,みずからは落城の際,アキレウスの息子ネオプトレモスに殺され,妻や娘たちは捕虜としてギリシア方に連れ去られた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

プリアモス【Priamos】
ギリシア伝説で,トロイア最後の王。妃ヘカベとのあいだに息子ヘクトル,パリス,娘カッサンドラらをもうけた。トロイア戦争が起こったとき,老齢の彼はもはや実戦には加わらず,息子たちのあいつぐ戦死と滅び行く祖国をなすすべもなく見守った。ホメロス叙事詩イーリアス》は,長子ヘクトルの死骸を請い受けるべく,夜間ひそかにアキレウスの陣屋を訪れる彼を感動的に語っている。トロイア陥落時に,アキレウスの遺児ネオプトレモスに殺された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

プリアモス
ぷりあもす
Priamos

ギリシア神話でトロヤ滅亡のときの王。別名をポダルケスという。父ラオメドンが約束を守らなかったために、ヘラクレスにトロヤを攻略され、兄弟のうち幼少だった彼だけが捕虜にされて、ほかはみな殺されたという。のちにトロヤ王となり、ヘカベをはじめとする多くの妻妾(さいしょう)からヘクトル、パリスなどの子をもうけた。ホメロスの叙事詩『イリアス』では、高齢ながらも温厚で寛容のある老王として描かれ、夜間ひそかにアキレウスの陣屋へ行ってヘクトルの死骸(しがい)をもらい受けようとしたり、怨嗟(えんさ)の的のヘレネをかばってやる。息子たちが次々と討たれて祖国が滅亡していくのを見なければならなかった彼は、トロヤ陥落のとき、宮殿の中のゼウス像にすがって命ごいをするが、アキレウスの子ネオプトレモスに殺される。彼の名はギリシア語系ではなく、おそらく古いオリエント系の伝説から生まれた人物であろう。

[伊藤照夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プリアモス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プリアモスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation