@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プリトビーラージ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プリトビーラージ
Prithvīrāj
[生]?
[没]1192
インド,ラージプート族のチャーハマーナ朝 (チャウハーン朝) の王。 1191年ラージプート連合軍を率いてゴール朝ムハンマド (→ムハンマド・ゴーリー ) の侵入を阻止したが,翌年の再侵入に敗れて捕われ殺された。これによってイスラム教徒のインド支配への道が開かれた。彼とカナウジのジャイチャーンド王の美しい娘との恋は多くの物語詩に歌われ,ヒンディー文学初期の代表作品『プリトビーラージラーソ』 (チャンド・バルダーイー作) は,その一つである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

プリトビーラージ【Pṛthvīrāj】
?‐1192
インド,ラージプート諸王朝の一つチャウハン(チャーハマーナ)朝の王。在位1177‐92年。武将の誉れ高く,都のアジュメールを中心にラージャスターンからガンガー(ガンジス)上流域におよぶ領土を支配した。1191年,プリトビーラージはラージプート連合軍を率いタラーインTarāinの地でゴール朝のムハンマドの軍を撃退したが,翌年の第2次タラーインの戦ではムハンマド軍に敗れ,捕らわれ殺された。彼の死によって最後の防波堤が崩れ,イスラム教徒によるインド支配への道が開かれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

プリトビーラージ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プリトビーラージの関連情報

関連キーワード

源雅賢源実朝日本史鎌倉幕府十字軍史(年表)JA鹿児島県信連阿武隈高地笠置寺熊谷直実後白河天皇

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation