@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プリニウス[小]【プリニウス】

世界大百科事典 第2版

プリニウス[小]【Gaius Plinius Caecilius Secundus】
61ころ‐113ころ
ローマ帝政期の政治家,弁論家,著作家。コムムの地方貴族の家に生まれ,のちに叔父プリニウス(大)の養子となった。護民官や各種財務官職を経て100年にはコンスル(執政官)をつとめた。その後111年に属州ビテュニアに知事(レガトゥス)として赴任し,113年ころその地で死んだものと思われる。これらの官職を歴任している間に,弁護士として法廷に立ち,いくつかの重要な事件に関与した。また,大土地所有者として,所領の経営にも心をくだいた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

プリニウス[小]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プリニウス[小]の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation