@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プルサーマル計画【プルサーマルケイカク】

デジタル大辞泉

プルサーマル‐けいかく〔‐ケイクワク〕【プルサーマル計画】
ウランを燃料とする原子力発電所の使用済み燃料からプルトニウムを取りだし、ウランと混ぜて新しい燃料として利用する計画。→プルサーマル

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

プルサーマル計画
原発で使った核燃料を再利用する核燃料サイクル一環使用済み核燃料を再処理して取り出したプルトニウムと、ウランを混合して作るMOX燃料を使い、軽水炉で発電する。国内では2009年12月、九州電力玄海原発で初めて導入された。北海道電力は08年4月、泊原発3号機のプルサーマル計画について、道と地元4町村に事前協議を申し入れ、高橋はるみ知事が09年3月、計画の受け入れを表明した。北電は来年春の導入を目指していたが、やらせ問題で実現のめどは立っていない。
(2011-11-17 朝日新聞 朝刊 1道)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

プルサーマル計画」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プルサーマル計画の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation