@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プルサーマル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プルサーマル
plutonium burning in thermal reactor
現在稼働している原子力発電所の軽水炉ウラン燃料とプルトニウム燃料を混ぜて利用すること。プルサーマルとは,プルトニウムとサーマルリアクター (→熱中性子炉 ) からの造語。使用済み核燃料を再処理して燃え残ったプルトニウム 239を取り出し,酸化物として4~9%をウラン酸化物と混合した MOX (mixed oxide) 燃料に加工し,通常のウラン燃料と同様に軽水炉で利用する。プルトニウムはウランに比して熱中性子を吸収しやすいため,制御棒の効果が若干減少するが,MOX燃料が全体の3分の1程度までの装荷ならば現在の安全設計の範囲内とされている。核燃料サイクルの構想では,プルトニウムを高速増殖炉の燃料として利用することを想定しているが,その実用化までのプルトニウム利用法となっている。 1963年にベルギーで実施されたのが最初で,ドイツ,フランス,スイスなどでの実施例がある。日本では,高速増殖炉の実用化が遅れその見通しがつきにくいこと,核不拡散の観点から余剰プルトニウムをなるべく持たないようにすべきであることの一方で,再処理によるプルトニウムが大量に生じてきたことからプルサーマルの実施が計画され,1997年,政府の核燃料サイクルに関する決定でプルサーマル実施への方向性が決められた。しかし,プルトニウムの処理法としては効率がよいとはいえないうえ,安全性への疑問,核燃料サイクル全体の経済効率などの問題から実施を疑問視する意見もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

プルサーマル
軽水炉の使用済み核燃料を再処理し、取り出したプルトニウム(PU)を再び軽水炉で燃やすこと。「プル」はプルトニウムの略。軽水炉は核分裂で生じた高速中性子を減速して熱(サーマル)運動と同程度の速度にしているので、プルサーマルという。日本はプルトニウムを燃料とする高速増殖炉(FBR)の開発を中心とする核燃料サイクル計画の実現を目指している。プルトニウム利用を進めることで、諸外国から核兵器を開発しているのではという疑惑を受けないために、余剰プルトニウムを持たずに、全量を高速増殖炉や軽水炉で消費することにしている。だが、高速増殖原型炉「もんじゅ」がナトリウム漏れ事故(1995年12月)で停止するなどプルトニウム消費の見通しが大きく崩れたことから、プルサーマルをプルトニウム消費の中心に位置づけた。2003年10月、エネルギー基本計画が閣議決定され、「プルサーマルを当面の中軸として、国民の理解を得つつ着実に推進」することが明記された。10年度までに計16〜18基での実施を目標にしている。海外では既に相当数の実績がある。フランス、ドイツ、米国、スイスなど9カ国で、60年代から06年12月末までに、57基の原子炉において、MOX燃料の装荷体数で計6070体が使用された。実績の多いフランスは2662体、ドイツは2116体。
(渥美好司 朝日新聞記者 / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

プルサーマル
プルトニウムとウランを混ぜた混合酸化物(MOX)燃料を、ふつうの原発(軽水炉)で使うこと。国は、使用済み核燃料から取り出したプルトニウムを利用する核燃料サイクルの柱と位置づけている。電力各社は当初、10年度までに16~18基で実施する計画だったが、実際に運転できたのは4基にとどまる。
(2013-06-27 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

プル‐サーマル
《プルトニウムの「プル(plu)」と、サーマルリアクター(熱中性子炉)の「サーマル(thermal)」を合わせた製語》軽水炉などの熱中性子炉で、従来の濃縮ウランの代わりに、プルトニウムを含むMOX燃料を利用すること。
[補説]核燃料サイクルで中心的役割を担う高速増殖炉の実用化が遅れていることから、使用済み燃料再処理して回収されるプルトニウムは、プルサーマルによって消費されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

プルサーマル
plutonium+thermal+use
ウランとプルトニウムの混合酸化物燃料を用いること。プルトニウムの利用効率が低く、高速増殖炉が実用化するまでの過渡的なもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

プルサーマル
〘名〙 (plu-thermal (=plutonium thermal)) ウラン燃料に、少量のプルトニウム二三九を加えて、軽水炉(熱中性子炉)で燃やすこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

プルサーマル
プルサーマル
plutonium-thermal utilization

MOX(モックス)燃料を軽水炉で使用する原子力発電方式.欧米では,1980年代からMOXは多数の商業炉で発電用に利用されており,わが国でも敦賀1号機や美浜1号機で使用されたことがある(1986~1991年).新型転換炉原型炉“ふげん”は,MOX燃料使用のテストを目的とした重水減速沸騰軽水冷却型炉で,2003年3月に試験を終了し,運転を終了した.ふげんで使用された燃料は,1.5% 濃縮ウラン(UO2),天然ウランと0.5% プルトニウム混合酸化物(PuO2/UO2)であった.わが国においては,高速増殖炉開発の遅れなどを受けた1994年の原子力開発利用長期計画の見直しにより,プルトニウム利用はプルサーマルが当面の主流となった.電気事業連合会が1997年公表したプルサーマル利用計画によると,2010年までに16~18基の発電用原子炉でプルサーマルを導入することになっている.MOX燃料使用に関してとくに問題はないものの,臨界事故やその後の原子力発電所における原子炉損傷事故などのために,実施は大幅に遅れている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プルサーマル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プルサーマルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation