@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プルラナーゼ

栄養・生化学辞典

プルラナーゼ
 [EC3.2.1.41].アミロペクチン6-グルカノヒドロラーゼで,α1→6グルコシド結合を加水分解する反応を触媒する酵素.アミロペクチンのいわゆるになっている部分を切断する.プルランからはマルトトリオースを生成する.細菌ジャガイモ穀物などに存在する.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プルラナーゼ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プルラナーゼの関連情報

関連キーワード

ホスホリパーゼフォスフォリパーゼジペプチジルアミノペプチダーゼホスホジエステラーゼグリコシダーゼα-アミラーゼグリコシダーゼフォスファターゼアミラーゼアンギオテンシナーゼ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation