@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プロクロス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プロクロス
Proklos
[生]410. コンスタンチノープル
[没]485. アテネ
プラトン派 (アテネ派) の代表的哲学者。アレクサンドリアでオリンピオドロス,アテネでプラトンの後継者プルタルコスシュリアノスに学び,のちアカデメイアを主宰した。博識,体系家,注釈家としてはきわめてすぐれた存在で,アレオパギタのディオニュシオスに多大の影響を及ぼした。著作『神学要綱』 Stoicheiōsis theologikē,『プラトン神学について』 Peri tēs kata Platōna theologias,『運命や摂理,悪についての小品集』 Opusculaなどのほかプラトンの『ティマイオス』『パルメニデス』『ゴルギアス』『ファイドン』『国家』などについての注釈,ヘシオドスの注釈などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

プロクロス【Proklos】
410ころ‐485
アテナイで活躍したギリシア哲学者。コンスタンティノープルの生れ。キリスト教の感化力が強まる時代の中で,あくまでギリシア哲学の伝統を護持したことから〈ディアドコス(伝統継承者)〉という称号を得ている。シュリアノスSyrianosの門下で新プラトン主義哲学を修め,理論ばかりではなく実践においても〈一者〉との神秘的合一を求めた。晩年アカデメイアの学頭になったが,異教神アテナをまつったとがで当局から告発され,追放刑に処されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

プロクロス【Proklos】
2世紀ごろのギリシアの学者。生没年不詳。《クレストマテイア》と題するギリシア文学案内4巻の作者。最初の2巻が9世紀のコンスタンティノープル総主教フォティオスの抜粋によって伝わっている。古代末期に編纂されたこの種の多くの摘要集中,伝存する最古のもの。詩と散文の相違を序論的に述べ,叙事詩および抒情詩の代表的詩人と伝記を扱う。また,散逸した叙事詩圏の詩の梗概が添えられ,貴重な資料である。【高橋 通男

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

プロクロス【Proklos】
412~485 ギリシャの新プラトン主義哲学者。キリスト教に反論、プラトン主義哲学を体系化し、中世に伝えた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

プロクロス
ぷろくろす
Proclos
(411ころ―485ころ)
古代ローマ末期、ギリシアの新プラトン学派の哲学者。リキアのクサントスの人。アテネのプルタルコスの弟子で、アカデメイアの学頭。プロティノスの体系を、いっそう細密化し図式化して体系化することによって、古代多神教に哲学的な基礎づけを与えた。プラトン著作への注釈、ユークリッド『原理』への注釈のほか、『プラトンの神学』『神学綱要』などの著作が残る。ディオニシウス・アレオパギタへの影響、および彼の『神学綱要』に基づいてつくられた『原因論』Liber de causisを通じて、中世のキリスト教神学体系の構成に大きな影響を及ぼした。[加藤信朗]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

プロクロス
生年月日:412年2月8日
新プラトン派(アテネ派)の代表的哲学者
485年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

プロクロス
(Proklos) ギリシアの哲学者。プラトンの著作やユークリッドの幾何学原本の注釈を書いた。四八五年没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロクロス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プロクロスの関連情報

関連キーワード

アラリック[1世]アラリックお薬手帳地球の深部東京の新タクシー運賃東京は410円アラリック[1世]アラリック1世社崘ゾシモス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation