@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プログラム学習【プログラムがくしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プログラム学習
プログラムがくしゅう
programmed instruction
一定の学習目標に到達させるために,細かく分析され,論理的,系統的に順序づけられた内容を,解説,説明,質問,答えの系列に従って習得させる学習指導の方法。行動主義心理学の立場からアメリカの B.スキナーが提唱したもので,教材の小刻み提示,学習者の積極的反応の喚起,学習事項の即時確認,自己ペースでの学習を原理とする。媒体としてティーチング・マシンプログラムド・テキストなどが用いられる。教材のプログラム化には単線型 (スキナー型) と枝分れ型 (クラウダー型) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

プログラム‐がくしゅう〔‐ガクシフ〕【プログラム学習】
programmed learning》心理学で、小刻みに分割された学習内容を系列化し、段階ごとに、学習者の積極的な反応を強化させながら、学習の目標値に確実に到達できるように配慮された学習方法。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集

プログラム学習
米国の心理学者スキナーが提唱した学習指導方法でオペラント条件付けの原理を応用したもの。 学習の到達目標に至るまでのステップを小刻みに設定し、学習者の反応に対して即座にフィードバックを行いながら、学習者に適したペースで指導を行っていく、という指導法。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぷろぐらむがくしゅう【プログラム学習】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

プログラムがくしゅう【プログラム学習】
学習者に一連のプログラムを与えて、それに従って自己のペースで個別に学習を進める学習方式。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

プログラム学習
ぷろぐらむがくしゅう
programed learning
従来、ティーチング・マシン(テキストやシートも含む)を用いて個別学習を進めていく教授・学習方法といったとらえ方をされていたが、今日では、「視聴覚教育、マルチメディアと結び付き、さらに教育工学、とくにCAI(Computer Assisted Instruction)と合体して、その教授設計の中心的位置を占め、広く教育目標を効果的に達成するための計画的な方法」といった広義の概念になっている。[岡東壽隆]

リニア・タイプのプログラム

プログラム学習をもっとも発展させたのは、アメリカの心理学者スキナーである。彼はオペラント条件づけの原理を学習に適用し、ティーチング・マシンと結び付け、学習目標達成が効果的・効率的に行われる理論を構築し、学習プログラムを作成した。それは、リニア・タイプlinear typeのプログラムとよばれるが、次のような原理からなっている。
 学習目標に到達するためには、学習教材を小刻みにして連続的に提示すること(スモール・ステップの原理)。その際、学習当初は手掛りとヒントを与え、学習の進行とともにそれらを減少させていく(キューイングcueingとフェイディングfading)技法をとり、学習過程全体を通じて、学習者に実際の行動をとらせるなどして積極的な学習参加を求める(積極的反応の原理)。学習者の反応はただちにその正誤が知らされ(直後強化の原理、即時確認の原理)、正答の連続であることによって(正反応の定着)、所期の目標に達するという構造をとる。学習者には学習速度に個人差があるが、自己のペースで学習を進めていくことができ(自己ペースの原理)、さらに、学習結果によってプログラム自体を検証・改善していくようになっている。[岡東壽隆]

枝分れ型プログラム

これに対し、基本的な原理はほとんど変わらないが、同じくアメリカの心理学者クラウダーN. A. Crowderの枝分れ型プログラムがある。スキナーの場合、学習過程における個人差が学習速度だけに帰せられているのに対し、学習者の先行学習とか特性とかに応じて学習の道程が異なることに注目し、学習者の反応に応じ、次に提示されるプログラムが異なるよう設計されている。したがって、正反応の連続でなく、誤反応も許容するプログラムになっている。[岡東壽隆]

その他

そのほかに、学習者の学習過程は、以上のような等質的な連続ではないとする考え方もある。つまり段階的な発展であるとして(知的行為の多段階形成論)、〔1〕行為の準備、〔2〕外的物質的行為、〔3〕行為の外言化、〔4〕内言による内在化、〔5〕一般化した能力の形成、の各段階を固めていくようなプログラムの方法を主張する立場もある。[岡東壽隆]
『中野照海編著『教育学講座6 教育工学』(1979・学習研究社) ▽堀内敏夫編著『プログラム学習とTM』(1972・大日本図書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

プログラム‐がくしゅう ‥ガクシフ【プログラム学習】
〘名〙 学習方法の一つ。小刻みに分割された学習内容を系列化し、その一つ一つの段階ごとに、学習者の積極的な反応を強化させながら、学習の目標値に確実に到達できるように配慮されたもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最新 心理学事典

プログラムがくしゅう
プログラム学習
programed learning
プログラム学習とは,いくつもの小単位に分割された学習内容を,小単位ごとに習得しながら,小単位間の系統的な関係に基づく順序計画に従って学習を進めることにより,最終的に小単位が統合された学習内容全体の習得に至る学習法である。通常,各小単位には内容の主要部分に関する設問が含まれており,その設問に正しく解答できれば,当該の小単位が習得できたとみなされて,次の小単位に進んでいく。プログラム学習のプログラムには,習得していく小単位の配置の仕方によって,直線型と枝分かれ型の二つのタイプがある。

 直線型プログラムlinear type programは,小単位が一定の順序で直線的に配置されているものであり,スキナーSkinner,B.F.によって提案された。直線型プログラムには,スモール・ステップ,積極的反応,即時確認,自己ペースなどの特徴がある。スモール・ステップとは,各小単位の規模をできるだけ小さくして,一つひとつ無理なく着実に習得できるようにすることである。積極的反応とは,各小単位の設問に対する解答を学習者に自分で産出させることであり,用意した解答の中から正解を選ばせる多肢選択方式は用いない。即時確認とは,学習者が解答したら直ちに,解答の正誤を学習者に知らせることである。自己ペースとは,学習者にそれぞれ自分に合ったペースで学習を進めさせることである。

 直線型のプログラム学習は,スキナーが動物に学習させる際に用いるオペラント条件づけoperant conditioningの手法の応用として提唱したものである。オペラント条件づけでは,動物が特定の反応を自発したら即座に,餌などの報酬を与えて強化することによって,動物がその反応を自発しやすくなるようにしたり,その反応を要素とする複雑な反応を漸進的に形成していったりすることができる。これと同様に,学習者に正しい解答を自分で産出させ,その解答が正しいことを学習者に即時に伝えながら,少しずつしかも着実に学習内容全体を習得させようとするのである。

 一方,枝分かれ型プログラムbranching type programは,クラウダーCrowder,N.A.によって提案された。これは,学習者の習得状態に応じて,小単位の習得を進めていく経路が分かれるものであり,習得できていない小単位については習得させるための補習経路が用意されている。枝分かれ型プログラムでは,設問への解答は多肢選択方式で行なわれ,学習者が誤った選択肢を選んだ場合に,補習経路につながるようになっている。直線型プログラムでは,学習者に単一の経路をたどらせ,学習者が正解を産出できない場合には,正解を産出できるまで次に進ませないか,または産出すべき正解を示してやるだけで次に進ませることになるが,枝分かれ型プログラムでは,学習者が誤った解答をしても,それに応じた経路で学習を進めさせていくことができる。

 プログラム学習による学習プログラムの提示には冊子を用いることも可能であり,実際にプログラム学習の方式を用いた学習書も数多く作られている。また,スキナーやクラウダーは学習プログラムを,ティーチング・マシンteaching machineとよばれる機器を使って提示することにも取り組んでいた。コンピュータが普及する以前のティーチング・マシンはごく単純な機能しか備わっていなかったため,冊子を用いる場合と実質的には大きな違いがなかったが,その後コンピュータの技術や性能が進歩して,コンピュータがティーチング・マシンとしての機能を果たせるようになり,しかも冊子の場合よりも多様な教材提示ができるようになった。コンピュータを利用した教授-学習システムcomputer-assisted instruction(CAI)が発展し,教育場面でのコンピュータ利用は,知識・情報の収集や整理,コミュニケーション,創作活動,表現活動などの面にも及び,かつてのティーチング・マシンとしての範囲を超えて拡大しつつある。 →教授学習
〔石田 潤〕

出典:最新 心理学事典
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プログラム学習」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プログラム学習の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation