@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プロコフィエフ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プロコフィエフ
Prokof'ev, Sergei Sergeevich
[生]1891.4.23. ウクライナ,ソンツォフカ
[没]1953.3.5. モスクワ
ソ連の作曲家。6歳で作曲を始め,9歳でオペラを作曲。ペテルブルグ音楽院で A.リャードフ,リムスキー=コルサコフらに師事し,1914年に自作の『ピアノ協奏曲第1番』 (1911~12) を演奏し,ルビンシテイン賞を得た。 18年に日本を経由してアメリカに亡命。 S.ディアギレフの招きでパリとロンドンで自作のバレエ音楽を上演。 33年にソ連に復帰,その後社会主義リアリズム路線による批判を受けたりしたが,終始ソ連の代表的作家として国際的名声を保った。作品はオペラ3つのオレンジへの恋』 (21,シカゴ初演) ,バレエ『ロミオとジュリエット』 (35) ,カンタータアレクサンドル・ネフスキー』 (38) ,7曲の交響曲,物語と音楽『ピーターと狼』 (36) ,協奏曲,ピアノ・ソナタなど。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

プロコフィエフ(Sergey Sergeevich Prokof'ev)
[1891~1953]ソ連の作曲家・ピアノ奏者・指揮者ロシア革命後アメリカへ亡命、のち帰国。大衆性をもつ曲が多い。作品に、音楽物語「ピーター」、オペラ「戦争平和」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)

プロコフィエフ
作曲家・ピアニスト。ウクライナの裕福な家庭に生まれ、ピアニストである母親に影響を受ける。幼少のころからその音楽的才能はずば抜けたもので、5歳で最初のピアノ曲を作曲し、その後和声・形式・管弦楽法の基礎を ...続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

世界大百科事典 第2版

プロコフィエフ【Sergei Sergeevich Prokof’ev】
1891‐1953
ロシア・ソ連邦の作曲家,ピアノ奏者。裕福な農業技師の家に一人息子として生まれた。ピアニストの母親に音楽の手ほどきを受け,幼少時から天才を発揮した。作曲家R.M.グリエールの個人指導を受け,1904年ペテルブルグ音楽院に入学。その保守的な学風にはなじめなかったが,N.Ya.ミヤスコフスキーB.V.アサフィエフとの交遊と〈現代音楽の夕べ〉での活動を通して,当時のロシア音楽界の最も優れた部分を吸収した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

プロコフィエフ
(Sjergjej Sjergjejevič Prokof'jev セルゲイ=セルゲービチ━) ロシア、ソ連の作曲家。帝政ロシア末期から革命を経てソ連時代にかけて活躍。明快で近代的な抒情をたたえた作風。作品は子どものための交響的物語「ピーターと狼」、ピアノ協奏曲、室内楽曲など。(一八九一‐一九五三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロコフィエフ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プロコフィエフの関連情報

関連キーワード

バーナムマッキム・ミード&ホワイトワイルドイグナチー ポタペンコドミトリー マミン・シビリャーク内閣総理大臣ゴーギャン自由新聞マルティゴンチャロフ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation