@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プロセニアム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プロセニアム
proscenium
元来は舞台前部の空間をさしたが,現在は観客席と舞台を区切る額縁型の壁面をいう。プロセニアムの名称は,ギリシア語プロスケニオンに由来する。観客はその開口部 (プロセニアム・アーチ) を通して,ちょうど額縁のなかの絵のように舞台を眺める。アーチには上下または左右に開くがあり,劇の幕間には通常これが閉められ,必要の際にはその陰で装置の転換が行われる。プロセニアムをもった舞台 (→額縁舞台 ) はルネサンス期のイタリアに生れ,17世紀にはヨーロッパ諸国に広がり,舞台機構の発達に伴って 18~19世紀に完成された。 19世紀の自然主義演劇理論においてはプロセニウム・アーチは舞台と客席とを仕切る透明な壁であるとされ,この壁を通して観客は実人生を見るという第4の壁理論に用いられた。現在ではプロセニアム・アーチのない円形劇場やオープン・ステージの意義が再認識されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

プロセニアム【proscenium】
プロセニアムアーチの略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

プロセニアム
〘名〙 「プロセニアム‐アーチ」の。〔モダン辞典(1930)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

プロセニアム(proscenium)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロセニアム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プロセニアムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation