@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プロタゴラス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プロタゴラス
Prōtagoras
[生]前485頃.アブデラ
[没]前410頃
ギリシアの最初期のソフィストトラキアのアブデラの人。シチリアアテネで初めて報酬を取って教えた。プラトンの対話篇『プロタゴラス』に登場し,ソフィスト哲学とプラトン哲学の対立が浮彫りにされている。彼の思想は「人間は万物の尺度である」という命題に集約されるように,認識の相対性を主張し,絶対的な知識,価値,道徳の存在を否定するものであった。物事が真実何であるかということよりも,何かのように思われることが重視され,その結果,他人を説得し状況を自己に有利なように展開する方法が正当化され,弱論強弁をとする説得の技術としての弁論術への道を開いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

プロタゴラス(Prōtagoras)
[前490ころ~前420ころ]古代ギリシャの哲学者。ソフィスト。「人間は万物の尺度である」と説き、各人の主観的判断以外に真理はないとする相対論を主張。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

プロタゴラス【Prōtagoras】
前490ころ‐前420ころ
古代ギリシアの思想家で,最も有名なソフィスト。アブデラの出身。国家有数の人物たらんと欲する青少年たちにふさわしい〈徳〉を授けて報酬を得る私的専門教育,すなわちソフィストの術を,一個の職業として確立した人であり,70年の生涯のうち後半40年間にわたって,みずから〈徳の教師〉を名乗りつつ,ギリシア各地を遍歴してすごし,無比名声を博した。とくにアテナイにはしばしば滞在した。前444または前441年に,アテナイが中心となって南イタリアに大規模な植民都市トゥリオイが建設された際には,新憲法の制定を委嘱されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

プロタゴラス
ぷろたごらす
Protagoras
(前490ころ―前420ころ)

古代ギリシアの代表的なソフィスト。トラキア海沿岸の町アブデラに生まれる。30歳ごろからソフィストとしての活動を開始し、40年余りギリシア全土を遍歴、とくにアテネへは頻繁に訪れて、紀元前444年アテネが南イタリアに建設した植民市トゥリオイの憲法起草を委嘱されたと伝えられる。「人間は万物の尺度である。在るものについては在ることの、在らぬものについては在らぬことの」ということばで記録された有名な人間尺度説は、普通、真理の基準を個々の人間の感覚に見立てようとする説と解釈されている。そのため、この説は絶対的な真理の存在を否定し、相対主義を標榜(ひょうぼう)するものとされている。そこで、同等な権利を主張する各人各様の判断のうち、いずれを採択したらよいかという問題になるが、ここで、ソフィストたちの教える弱い議論を強くする術(すべ)である弁論術が、自説を押し出すために必要となってくる。令名はとどろき、彫刻家フェイディアスをしのぐ大金をもうけたと伝えられるが、著作はいずれも失われ、現在残っているのは断片ばかりである。

[鈴木幹也 2015年1月20日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

プロタゴラス
(Prōtagorās) 紀元前五世紀の古代ギリシアの哲学者。ソフィストの第一人者。「人間は万物の尺度なり」とする相対主義の立場をとり、真理の絶対的基準を否定。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

プロタゴラス
Protagoras
前490ごろ〜前420ごろ
古代ギリシアの代表的なソフィスト
ソフィストを自称した最初の人で,アテネをはじめギリシアの諸都市を巡回講義し,ペリクレスとも交わった。「人間は万物の尺度である」という彼の言葉は,人間の認識や評価は相対的であるという意味。各個人の知覚を重んじ,宗教・法律など社会のあらゆる権威に価値を認めない立場は,後世の哲学における懐疑論の先駆をなした。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロタゴラス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プロタゴラスの関連情報

関連キーワード

ゲロン釈迦予成七類海岸弁済拉北者送還要求運動国民民主連盟NLDPepper高校生修学支援基金

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation