@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プロダクト・アウト/マーケット・イン/カスタマー・イン【ぷろだくと・あうと/まーけっと・いん/かすたまー・いん】

Wisdomビジネス用語辞典

プロダクト・アウト/マーケット・イン/カスタマー・イン
いずれも、生産/流通業者と消費者の在り方、市場に向けた考え方を示す名称。「プロダクト・アウト」とは、企業が自社の販売・生産計画に基づいて、市場へ製品やサービスを投入すること。
一方「マーケット・イン」とは、まず消費者のニーズを十分にくみ上げて、それを商品というカタチにして市場に出すという「はじめに顧客ありき」の考え方である。頻繁に移り変わる市場の要請に即応していくことであり、そのために企業組織をフラットにし経営を革新していくことまで含まれる。
そして「カスタマー・イン」は、マーケット・インの思想をさらに押し進め、顧客1人ひとりが望む商品やサービス内容に応じて、これに沿ったものを提供していくという考え方。既製服プレタポルテオーダーメードは消費者側の選択であったが、こうした考え方をあらかじめ企業の側から市場に向けて仕掛けていく時代となっている。この考え方が生まれた背景には、消費不況が長く続いている状況であるにもかかわらず、生産/流通業者の側が消費者のニーズに気づかず、過剰在庫や販売機会の喪失を生じてしまっているという事実がある。

出典:「ビジネス用語辞典」byWisdom(NEC)
「Wisdom」とは、NECが運営するビジネス情報サイトです。Copyright NEC Corporation All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロダクト・アウト/マーケット・イン/カスタマー・イン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プロダクト・アウト/マーケット・イン/カスタマー・インの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation