@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プロダクト・サイクル論【プロダクト・サイクルろん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プロダクト・サイクル論
プロダクト・サイクルろん
product cycle
アメリカの R.バーノンらによって主張された産業発展過程を説明するための一理論。産業発展を次の3段階に分けて論じる。 (1) 新産業の導入期 国内市場に密着した生産が行われる。 (2) 成長期 国内市場の拡大とともに輸出が開始される。 (3) 成熟期 外国市場でのシェアとより低廉な労働力を求めて海外直接投資に基づく現地生産が開始され,当該商品が現地から輸入される。バーノンはこの理論によって,アメリカ系多国籍企業の海外直接投資行動を解明しようとした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

プロダクト・サイクル論
ぷろだくとさいくるろん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロダクト・サイクル論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プロダクト・サイクル論の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation